滋賀県石山寺の御朱印の種類や授与場所は?大伽藍以外も


滋賀県大津市の石山寺は大伽藍や御詠歌の御朱印が知られていますが、他にも数種類あります。

この記事では石山寺の御朱印の種類やどこで頂けるかを紹介します。
Sponsored Link

石山寺の御朱印の種類は?

石山寺の御朱印は7種類あります。

・西国三十三所観音霊場 第十三番札所の御朱印
・近江西国霊場 第三番の御朱印
・びわ湖百八霊場 第一番の御朱印
・勢多川三山の御朱印
・西国三十三所 石山寺御詠歌の御朱印
・厄除不動明王の御朱印
・大黒天の御朱印

上記7種類のうち、上から4種類の中央の墨書きはどれも「大伽藍」で同じです。

中央の墨書きが「大伽藍」の4種類の御朱印
・西国三十三所観音霊場 第十三番札所の御朱印
・近江西国霊場 第三番の御朱印
・びわ湖百八霊場 第一番の御朱印
・勢多川三山の御朱印

これらの4種類の御朱印の違いは、札所の番号を表す右上の「○番」の朱印です。

勢多川三山の御朱印はさらに右上の墨書きも異なります。

石山寺の御詠歌は「のちのよを 願う心は 軽くとも 仏の誓い 重き石山」です。

石山寺の御朱印授与所はどこ?

Sponsored Link

大黒天以外の6種類の御朱印は、石山寺の本堂の奥で頂けます。

大黒天の御朱印は大黒天堂で頂けます。

本堂で授与できる御朱印
・西国三十三所観音霊場 第十三番札所の御朱印
・近江西国霊場 第三番の御朱印
・びわ湖百八霊場 第一番の御朱印
・勢多川三山の御朱印
・西国三十三所 石山寺御詠歌の御朱印
・厄除不動明王の御朱印

大黒天堂で授与できる御朱印
・大黒天の御朱印

大黒天堂は石山寺東大門から拝観受付に向かう途中にあるお堂で、進行方向の右側にあります。

大黒天堂の本尊・大黒天像は室町時代の秘仏で12年に1回、子年にのみ御開帳されるそうです。

ちなみに石山寺本堂の本尊・如意輪観音菩薩半跏像も秘仏です。

関連記事:石山寺の本尊・如意輪観音の2016年の次の御開帳期間はいつ?

石山寺にはオリジナルの御朱印帳があります。

石山寺オリジナルの御朱印帳については下記の記事を参考にしてください。

関連記事:石山寺の御朱印帳の種類や値段は?

ありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です