京都広隆寺の国宝仏像一覧や件数は?弥勒菩薩だけじゃない!


京都・太秦(うずまさ)にある広隆寺(こうりゅうじ)は国内でも絶大な人気を誇る国宝・弥勒菩薩半跏像のお寺として知られていますが、

国宝の仏像は他にもたくさんあります。

この記事では広隆寺の国宝仏像の件数と一覧を紹介します。

Sponsored Link

広隆寺の国宝仏像の件数は?

広隆寺の国宝仏像件数は6件です。

 

京都府内では東寺(教王護国寺)の8件に次ぐ第2位の件数です。

全国的に見ると、法隆寺と興福寺、東大寺、東寺の次になるので第5位です。

 

広隆寺と同数の6件の国宝仏像(彫刻)を所有する寺院には奈良の唐招提寺があります。

 

東寺の国宝仏像の数と一覧は?講堂の立体曼陀羅は国宝だらけ

広隆寺の国宝仏像一覧

Sponsored Link

広隆寺の国宝仏像一覧(6件)

  1. 弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)(1体) 飛鳥時代 霊宝殿
  2. 弥勒菩薩半跏像(泣き弥勒)(5体)飛鳥時代 霊法殿
  3. 不空羂索観音立像(1体)平安時代初期 霊法殿
  4. 千手観音立像(1体)平安時代初期 霊法殿
  5. 阿弥陀如来坐像(1体) 平安時代初期 講堂
  6. 十二神将立像(12体) 1064年 霊宝殿

上記一覧は造像された時代順に並べています。

次に各々の国宝仏像が安置されている場所と、公開期間について触れます。

 

広隆寺の国宝仏像の展示場所と拝観できる期間

広隆寺霊宝殿の国宝仏像一覧(5件)

  1. 弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)(1体) 飛鳥時代
  2. 弥勒菩薩半跏像(泣き弥勒)(5体)飛鳥時代
  3. 不空羂索観音立像(1体)平安時代初期
  4. 千手観音立像(1体)平安時代初期
  5. 十二神将立像(12体) 1064年

広隆寺には霊宝殿と呼ばれる文化財の展示施設があります。

他の寺院で霊宝館と呼ばれるものと同様の展示施設です。

 

霊宝殿では5件の国宝仏像が安置されていて、5件すべてを通常拝観することができます。

 

 

広隆寺講堂の国宝仏像一覧(1件)

  1. 阿弥陀如来坐像(1体) 平安時代初期

広隆寺講堂には国宝の阿弥陀如来坐像が安置されています。

阿弥陀如来坐像は通常拝観できます。

 

広隆寺は弥勒菩薩半跏像や国宝5件を展示する霊宝殿の印象が強いですが、

講堂にも国宝1件が安置されているので、見落とさないようにしましょう。

 

ということで広隆寺の国宝仏像彫刻には非公開の秘仏はなく、すべて通年拝観することができます。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です