西国三十三所御詠歌の歌詞は?ご詠歌の一覧を掲載


西国三十三所の御詠歌の歌詞を掲載します。

各札所の御詠歌には、ひらがな表記も併記しています。

目次

西国三十三所の御詠歌一覧

Sponsored Link

第一番札所 那智山 青岸渡寺の御詠歌

補陀洛や 岸打つ波は 三熊野の 那智のお山に ひびく滝津瀬

ふだらくや きしうつなみは みくまのの なちのおやまに ひびくたきつせ

第二番札所 紀三井山 護国院(紀三井寺)の御詠歌

ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん

ふるさとを はるばるここに きみゐでら はなのみやこも ちかくなるらん

第三番札所 風猛山 粉河寺の御詠歌

父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や

ちちははの めぐみもふかき こかわでら ほとけのちかひ たのもしのみや

第四番札所 槇尾山 施福寺の御詠歌

深山路や 檜原松原 わけゆけば 巻の尾寺に 駒ぞいさめる

みやまぢや ひばらまつばら わけゆけば まきのをてらに こまぞいさめる

第五番札所 紫雲山 葛井寺の御詠歌

参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

まゐるより たのみをかくる ふぢゐでら はなのうてなに むらさきのくも

第六番札所 壺阪山 南法華寺(壺阪寺)の御詠歌

岩をたて 水をたたえて 壺阪の 庭にいさごも 浄土なるらん

いはをたて みづをたたへて つぼさかの にはのいさごも じやうどなるらん

第七番札所 東光山 龍蓋寺(岡寺)の御詠歌

けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃の 光なりけり

けさみれば つゆをかでらの にはのこけ さながらるりの ひかりなりけり

第八番札所 豊山 長谷寺の御詠歌

いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川

いくたびも まゐるこころは はつせでら やまもちかひも ふかきたにがわ

第九番札所 興福寺 南円堂の御詠歌

春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲

はるのひは なんゑんだうに かがやきて みかさのやまに はるるうすぐも

第十番札所 明星山 三室戸寺の御詠歌

夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波

よもすがら つきをみむろと わけゆけば うぢのかはせに たつはしらなみ

第十一番札所 深雪山 上醍醐寺の御詠歌

逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな

ぎやくゑんも もらさですくふ ぐわんなれば じゅんていどうは たのもしきかな

第十二番札所 岩間山 正法寺(岩間寺)の御詠歌

みなかみは いづくなるらん いわまでら岩間寺 岸うつ波は 松風の音

みなかみは いづくなるらん いはまでら きしうつなみは まつかぜのおと

第十三番札所 石光山 石山寺の御詠歌

後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山

のちのよを ねがふこころは かろくとも ほとけのちかひ おもきいしやま

第十四番札所 長等山 園城寺(三井寺)の御詠歌

いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖

いでゐるや なみまのつきを みゐでらの かねのひびきに あくるみづうみ

第十五番札所 新那智山 観音寺(今熊野観音寺)の御詠歌

昔より 立つとも知らぬ 今熊野 ほとけの誓い あらたなりけり

むかしより たつともしらぬ いまぐまの ほとけのちかひ あらたなりけり

第十六番札所 音羽山 清水寺の御詠歌

松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん

まつかぜや おとわのたきの きよみづを むすぶこころは すずしかるらん

Sponsored Link

第十七番札所 補陀洛山 六波羅蜜寺の御詠歌

重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

おもくとも いつつのちみは よもあらじ ろくはらだうへ まゐるみなれば

第十八番札所 紫雲山 六角堂の御詠歌

わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

わがおもふ こころのうちは むつのかど ただまろかれと いのるなりけり

第十九番札所 霊麀山 行願寺(革堂)の御詠歌

花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

はなをみて いまはのぞみも こうどうの にはのちぐさも さかりなるらん

第二十番札所 西山 善峯寺の御詠歌

野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立

のをもすぎ やまぢにむかふ あめのそら よしみねよりも はるるゆふだち

第二十一番札所 菩提山 穴太寺の御詠歌

かかる世に 生まれあふ身の あな憂やと 思はで頼め 十声一声

かかるよに うまれあふみの あなうやと おもはでたのめ とこゑひとこゑ

第二十二番札所 補陀洛山 総持寺の御詠歌

おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし

おしなべて たかきいやしき そうぢじの ほとけのちかひ たのまぬはなし

第二十三番札所 應頂山 勝尾寺の御詠歌

重くとも 罪には法の 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ

おもくとも つみにはのりの かちをでら おとけをたのむ みこそやすけれ

第二十四番札所 紫雲山 中山寺の御詠歌

野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後の世のため

のをもすぎ さとをもゆきて なかやまの てらへまいるは のちのよのため

第二十五番札所 御獄山 清水寺の御詠歌

あはれみや 普き門の 品々に なにをかなみの ここに清水

あはれみや あまねきかどの しなじなに なにをかなみの ここにきよみづ

第二十六番札所 法華山 一乗寺の御詠歌

春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる 法の華山

はるははな なつはたちばな あきはきく いつもたへなる のりのはなやま

第二十七番札所 書寫山 圓教寺の御詠歌

はるばると のぼれば書寫の 山おろし 松のひびきも 御法なるらん

はるばると のぼればしょしゃの やまおろし まつのひびきも みのりなるらん

第二十八番札所 成相山 成相寺の御詠歌

波の音 松のひびきも 成相の 風ふきわたす 天の橋立

なみのおと まつのひびきも なりあひの かぜふきわたす あまのはしだて

第二十九番札所 青葉山 松尾寺の御詠歌

そのかみは 幾世経ぬらん 便りをば 千歳もここに 松の尾の寺

そのかみは いくよへぬらん たよりをば ちとせもここに まつのをのてら

第三十番札所 巌金山 宝厳寺の御詠歌

月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして

つきもひも なみまにうかぶ ちくぶしま ふねにたからを つむここちして

第三十一番札所 姨綺耶山 長命寺の御詠歌

八千年や 柳に長き 命寺運ぶ歩みの かざしなるらん

やちとせや やなぎにながき いのちでら はこぶあゆみの かざしなるらん

第三十二番札所 繖山 観音正寺の御詠歌

あなとうと 導きたまえ観音寺 遠き国より 運ぶ歩みを

あなたうと みちびきたまへ くわんおんじ とほきくにより はこぶあゆみを

第三十三番札所 谷汲山 華厳寺の御詠歌

華厳寺の御詠歌は三首あります。

1 .世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも 消えぬなりけり (現在)

1.よをてらす ほとけのしるし ありければ まだともしびも きへぬなりけり

2.万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲 (過去)

2.よろづよの ねがいをここに おさめおく みづはこけより ゐずるたにぐみ

3.今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる 美濃の谷汲 (未来)

3.いままでは おやとたのみし おひづるを ぬぎておさむる みののたにぐみ

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です