東博で仁和寺展が開催決定!国宝阿弥陀如来や道明寺十一面を展示

仁和寺

東京国立博物館で特別展「仁和寺と御室派のみほとけ(仮称)」が開催されることが決定しました!

 

仁和寺(にんなじ)は京都にある門跡寺院で、寝殿造(しんでんづくり)や

右近の橘・左近の桜がある庭園を現在に残す、平安貴族の香り漂うお寺です。

世界文化遺産「古都京都の文化財」にも指定されています。

 

この記事では「仁和寺と御室派のみほとけ(仮称)」(仁和寺展と呼びます)の概要や会期、展示品を紹介します。

Sponsored Link

東博の仁和寺と御室派のみほとけ(仮称)の概要は?

仁和寺

仁和寺

仁和寺(にんなじ)は真言宗御室派(おむろは)総本山で、第58代・光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願し、

第59代・宇多天皇が仁和4年(888)に完成させ歴代天皇の厚い帰依を受けました。

 

仁和寺展では仁和寺の寺宝のほか、仁和寺を総本山とする真言宗御室派寺院が所蔵する名宝の数々が展示されます。

 

展覧会名に「みほとけ」ということばが含まれる通り、展示作品は仏像彫刻約70体を中心した文化財になるようです。

 

仁和寺展の開催期間や展示会場などの基本情報

Sponsored Link

会期

  • 2018年(平成30年)1月16日(火)~3月11日(日)
    ※会期中に展示替えあり

展示会場

  • 東京国立博物館の平成館

開館時間

  • 開館時間:午前9時30分~午後5時00分
    ※毎週金・土曜日は午後9時00分まで
    ※入館は閉館の30分前まで

休館日

  • 毎週月曜日
    ※2月12日(月・祝)は開館し、2月13日(火)は閉館

観覧料金(税込)

  • 一般 :1600円
  • 大学生:1200円
  • 高校生:900円

 

団体料金(20名以上)

  • 一般 :1300円
  • 大学生:900円
  • 高校生:600円

 

※中学生以下は無料
 障害者とその介護者1名は無料(入館時に障がい者手帳の提示が必要)

 

前売り券

  • 一般 :1400円
  • 大学生:1000円
  • 高校生:700円

前売り券は2017年11月1日(水)~2018年1月15日(月)まで、

東博正門チケット売り場窓口(開館日のみ)、展覧会公式サイト、主要プレイガイドにて発売

 

仁和寺展で展示される仏像彫刻作品は?

2018年の展覧会ということで、展示品はほとんど未公開ですが、

一部の仏像は所有者である寺院のホームページで展示されることが明記されています。

ここでは、展示されることが公表されている仏像の情報を記載します。

 

仁和寺阿弥陀如来坐像(国宝)

仁和寺の旧本尊で阿弥陀三尊像として両脇侍とともに3体で1件の国宝に指定されています。

両脇侍の勢至菩薩立像、観音菩薩立像は、現時点で展示されるかどうかは明瞭ではありません。

 

 

道明寺十一面観音菩薩立像(国宝)

道明寺(どうみょうじ)が所有する秘仏・十一面観音が仁和寺展に出陳されます。

 

御開帳は毎月18日と25日に行われているので、秘仏としては比較的拝観しやすい像ですが、

カヤ材をビャクダンの代用材として用いた檀像様の美しい名品を博物館でまじまじと拝観できるのはありがたいです。

 

大阪府にある国宝仏像彫刻の一つです。

大阪府の国宝仏像一覧と件数は?まとめて拝観するのがおすすめ

道明寺木造十一面観音立像は秘仏の国宝!御開帳はいつ?

 

 

龍寳寺釈迦如来立像(重要文化財)

龍寳寺(りゅうほうじ)は宮城県仙台市にある真言宗御室派の別格本山です。

 

龍寳寺の釈迦如来立像は京都の清涼寺(せいりょうじ)が所有する釈迦如来立像を模刻したいわゆる清涼寺式釈迦如来像で、

国の重要文化財に指定されています。

 

 

葛井寺千手観音坐像(国宝)

葛井寺(ふじいでら)は大阪府藤井寺市にある寺院で、西国三十三所の札所として関西で著名な古刹です。

本尊の千手観音は秘仏ですが、毎月18日に御開帳が行われています。

 

千手観音像の腕は42本のみ造像されるのが一般的ですが、葛井寺の千手観音の腕は1041本あって、

真数千手の代表的な作例として知られています。

 

正面から見ると脇手が像本体から伸びているように見えますが、

実際は像後方の2本の支柱に打ちつけられており、本体と脇手は離れています。

 

葛井寺の御開帳では正面からしか拝めないので、個人的には後方から拝観できるのかどうかに注目しています。

 

展示期間は2月14日~3月11日のみなので、本像を拝観したい方はご注意ください。

 

 

神呪寺如意輪観音坐像(重要文化財)

神呪寺(かんのうじ)は兵庫県西宮市の寺院です。

 

その本尊にあたる如意輪観音坐像(重要文化財)は、

大阪府河内長野市の観心寺如意輪観音坐像(国宝)、

奈良県宇陀市の室生寺如意輪観音坐像(重要文化財)とともに日本三如意輪と称されることから名前を聞いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

神呪寺如意輪観音坐像(重要文化財)は秘仏で、毎年5月18日にしか御開帳されませんので、

これまで観たことがなかったという方やもう一度拝観したいという方にとって絶好のチャンスです。

 

 

中山寺馬頭観音坐像(重要文化財)

中山寺は福井県高浜町の青葉山の中腹にあり、馬頭観音はその秘仏本尊です。

 

御開帳が行われるのは、33年ごとに1度と、33年の折り返しの年に行われる中開帳です。

毎年2月3日にも開帳されますが、豪雪の中、青葉山中腹に辿りつくのは困難なため拝観できるチャンスは少ないです。

 

ですが、近年は毎年秋に福井県の若狭小浜周辺では秘仏公開が行われており、

中山寺の馬頭観音も公開されているので、比較的拝観しやすい秘仏になっています。

 

中山寺の秘仏・馬頭観音は、個人的には現存する日本最優の馬頭観音の作例だと思います。

洗練された作風は慶派の仏師によって手がけられたものと見られていて、稀に見るイケメン仏像です。

 

中山寺の御開帳では間近で拝観できるわけではないので、拝観済みの方も博物館での公開に期待できるのではないでしょうか。

 

 

仁和寺薬師如来坐像(国宝)

仁和寺の薬師如来坐像(国宝)は厳重な秘仏で、おそらく約18年ぶりの御開帳となります。

国宝彫刻の中でもかなり拝観しづらい仏像で、国宝仏像マニアさん待望の公開となるでしょう。

 

国宝薬師如来坐像の展示は、2017年秋に開催される京都国立博物館の国宝でも行われます。

仁和寺薬師如来が国宝展で公開!京博での展示期間はいつ?

 

2017年度の仁和寺さんは、強気ですね!

京博にアクセスしづらい方は、東博で拝観するチャンスがあります。

 

 

真言御室派の寺院でほかにも著名な国宝、重要要文化財を含む文化財を所有する寺院があり、

見どころの多い展覧会になるのではと期待しています。

 

2017年に仏像3体が国宝指定された天野山金剛寺も御室派の寺院です。

天野山金剛寺の大日如来坐像などが国宝に指定!場所は大阪府河内長野市のどこ?

 

巨像である国宝の3体は仁和寺展に出陳されないかもしれませんが、金剛寺には重要文化財の仏像もあり、

それらの中から出陳されるものがあるかもしれません。

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です