三重県の睡蓮の花・蓮池の名所2018!開花状況や見頃時期


三重県内にある蓮(ハス)・睡蓮(スイレン)の名所と見ごろの時期を紹介しています。

わかる範囲で2018年の開花情報を確認できるようにまとめているので、気になるスポットがあれば咲き具合を確認してみてください。

Sponsored Link

三重県の蓮・睡蓮のおすすめスポット

高田本山専修寺(三重県津市)

国宝・高田本山専修寺の象徴ともいえる蓮の花。

蓮寺としても知られており、蓮池や境内の各所にて約35種類の蓮を楽しむことができます。

 

水面から凛としてそそり立ち、大輪の花を咲かせる高貴な姿は息を呑む美しさです。

例年の見ごろは6月下旬~8月中旬です。

 

 

現在の蓮・睡蓮の咲き具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の蓮・睡蓮の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「高田本山専修寺 蓮」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#高田本山専修寺」の検索結果

 

慶明寺(三重県伊賀市)

 

keikoさん(@keiko_koroneko)がシェアした投稿

 

keikoさん(@keiko_koroneko)がシェアした投稿

慶明寺は300種類以上ものハスが植えられ、ハス寺として有名なお寺です。

インドハス・真如ハスなど珍しい品種が見られることで知られています。

 

中でもお寺に代々伝わる「白鳳蓮」は、八重咲きで花托がなく、まるで鳳凰が花弁の上で羽を休めているような形からその名がつけられたとても美しい蓮です。

 

例年の見ごろは7月上旬〜7月下旬です。

 

SNSで現在の開花情報を確認する

↓ ↓ ↓

Twitter「慶明寺 蓮」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#慶明寺の蓮」の検索結果

 

三重県の蓮・睡蓮の名所マップ

下記のおすすめスポットにマップピンを立てています。

  • 高田本山専修寺(三重県津市)
  • 慶明寺(三重県伊賀市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください