愛知・名古屋【梅の花】おすすめ名所2019!開花状況や見頃時期


愛知県内にある「梅の花」の名所の見ごろや開花情報を確認できるページを紹介しています。

名所の場所を示した地図も掲載。

Sponsored Link

愛知の梅の名所【本数ランキング】ベスト7

愛知県内にある梅の名所7ヶ所を、本数が多い順番に並べました。

  1. 佐布里池梅林(知多市):約5700本
  2. 梅の里川売(新城市):約1500本
  3. 名古屋市農業センター delaふぁーむ(名古屋市天白区):約700本
  4. 平芝公園(豊田市):約520本
  5. 向山緑地内梅林園(豊橋市):約400本
  6. 県営 大高緑地(名古屋市緑区):約400本
  7. 名古屋城(名古屋市中区):約100本

 

愛知の梅の名所の場所はどこ?地図を掲載

梅の名所にマップピンを立てています。

 

おすすめ名所の概要や開花情報

梅の本数の上位3スポットの概要や例年の見ごろなどを紹介します。

 

佐布里池梅林(知多市):約5700本

 佐布里池周辺には、25種類5,700本の梅の木が植えられており、愛知県内一の規模を誇る梅林です。

梅の見ごろの目安は、2月中旬~3月上旬。

 

見ごろの時期に「梅まつり」が開催され、様々なイベントが開催されます。

▼最新情報や開花状況は下記リンク先でご確認ください

佐布里緑と花のふれあい公園のHP

知多市のHP

 

Sponsored Link

梅の里川売(新城市):約1500本

川売(かおれ)の梅は、農家の方が植えたもので、7品種・約1500本が点在しています。

梅の見ごろの目安は、3月中旬~3月下旬。

 

▼最新情報や開花状況は下記リンク先でご確認ください

新城市のHP

Twitter「川売 梅」の検索結果

Instagram「#川売の梅」の検索結果

 

 

名古屋市農業センター delaふぁーむ(名古屋市天白区):約700本

名古屋市農業センター delaふぁーむは、しだれ梅園としては国内有数の規模を誇ります。

梅の見ごろの目安は、2月下旬~3月中旬。

 

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください