小岩菖蒲園まつり2018!開花状況や見ごろ時期は?駐車場も

花菖蒲のアイキャッチ画像

東京江戸川区にある小岩菖蒲園は、河川敷に菖蒲園が開かれ、会のオアシススポット的に訪れることできます。

今回は小岩菖蒲園の菖蒲の見頃や見どころなどをご紹介。

アクセス方法や駐車場についてもチェックしましょう!

Sponsored Link

小岩菖蒲園の花菖蒲(ハナショウブ)の見頃はいつ?

小岩菖蒲園の花菖蒲は、例年5月下旬頃が見ごろとなっています。

 

約5000㎡の敷地におよそ100種類(品種)の花菖蒲が植えられています。

50,000本も菖蒲が見られるのは、嬉しいですね。

満開時期は、インスタ映えするに違いないです。

 

2018年現在の花菖蒲の開花情報は?

えどがわ環境財団のウェブサイトで小岩菖蒲園の花菖蒲の開花情報を確認できます。

ほかの施設の開花情報の中に混ざっているので、探してください。

↓ ↓ ↓

えどがわ環境財団(花見ごろ情報)

 

 

現在の花菖蒲の咲き具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の花菖蒲の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「小岩菖蒲園 花菖蒲」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#小岩菖蒲園」の検索結果

(花菖蒲の花とは無関係のツイートや画像も拾ってしまいますが、参考程度にはなるでしょう。)

 

小岩菖蒲園の2018年の花菖蒲まつりの開催概要は?

Sponsored Link

開催期間:2018年06月02日(土)~2018年06月17日(日)

開催時間:24時間

入園料金:無料

 

江戸川区の河川敷にある小岩菖蒲園で行われる小岩菖蒲園まつりでは、菖蒲の販売やガーデニング相談会があります。

出店なども出るのでより楽しめますね!

 

また小岩菖蒲園の祭りの目玉として草花の無料配布がされます。

先着順で500名のようなので早めに行くのも良いですね!

 

小岩菖蒲園の見どころは?紫陽花も楽しめる

小岩菖蒲園の見どころは花菖蒲を観賞するだけでなく、散策して歩けるところです。

菜の花やコスモスなど四季折々の花が楽しめるのもポイント。

 

花菖蒲の花の数が多数あることが見どころになっていますね。

紫陽花も開花時期がほぼ同じなので、一緒に見られるのは嬉しいですね。

 

小岩菖蒲園までのアクセス方法や駐車場は?

小岩菖蒲園へのアクセスですが、ご紹介したように所在地は江戸川区の河川敷です。

なので、比較的アクセスしやすい場所にあるといえるでしょう。

 

電車の行き方

京成電鉄江戸川駅 ⇒ 徒歩5分

 

バスの行き方

JR総武線 ⇒ 小岩駅下車 京成タウンバス新小52 市川駅行き ⇒ 小岩駅北口乗車 ⇒ 江戸川駅通り下車 徒歩10分

 

例年、土日に限りシャトルバスが小岩駅から運行されています。

 

 

車の行き方

蔵前橋通り(千葉方面)より市川橋へ向かい、左折して江戸川河川敷駐車場へ。

 

駐車場は、200台程度を停められる無料駐車場があります。

河川敷駐車場のところには、ゲートが設置されており、開放時間も決まっています。

4月~9月  :8時30分~18時00分
10月~3月:8時30分~16時30分

それ以外には、河川敷駐車場へのゲイトは閉鎖されます。

ピーク時には沢山の方が訪れるので公共機関の利用をおすすめします!

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください