東海・中部のネモフィラおすすめ名所2019!開花状況と見頃時期

東海地方・中部地方のネモフィラの名所アイキャッチ画像

東海・中部地方にあるネモフィラのおすすめスポットの今現在の開花状況が掲載されているページや例年の見ごろなどを紹介。

名所の場所を示した地図も掲載しています。

Sponsored Link

▼東海地方の【芝桜(シバザクラ)】の名所情報

▼東海・中部地方以外の【ネモフィラ】の名所情報

東海・中部地方のネモフィラの名所のマップ

東海・中部にあるネモフィラの名所にマップピンを立てています。

  1. 山中湖 花の都公園(山梨県南都留郡山中湖村)
  2. 浜名湖ガーデンパーク(静岡県浜松市西区)
  3. 花フェスタ記念公園(岐阜県可児市)
  4. 国営木曽三川公園 フラワーパーク江南(愛知県江南市)
  5. 国営木曽三川公園 138タワーパーク(愛知県一宮市)
  6. 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(愛知県名古屋市港区)

 

東海・中部地方【ネモフィラの名所】の見頃と開花情報

Sponsored Link

最新情報は、各スポットの公式サイトやSNS、そのスポットがある市町村などの公式媒体でご確認ください。

 

愛知県のおすすめ名所

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(愛知県名古屋市港区)

ネモフィラの見ごろの目安は、4月中旬~。

 

  • 4月上旬~4月下旬は、チューリップ
  • 4月下旬~は、ルピナス・ブルーボネット

ほかにもスイセン、ムスカリ、アイリスなどのシーズンなので、タイミングによってはネモフィラと合わせて楽しめます。

 

▼ネモフィラの開花状況【名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット】

Instagram「#名古屋港ワイルドフラワーガーデン」の検索結果 ← 開花情報はブルーボネット公式サイトで更新されていないようなので、SNSを参考にするしかなさそうです

名古屋港 ワイルドフラワーガーデンブルーボネットのHP ← ブルーボネットの施設情報などはこちら

 

国営木曽三川公園 138タワーパーク(愛知県一宮市)

 

ネモフィラの見ごろの目安は、4月中旬~5月上旬。

 

国営木曽三川公園は、愛知県・岐阜県・三重県にまたがる国営公園で、13ヶ所の公園があります。

ここでは、木曽三川公園のうち「138タワーパーク」についてご紹介。

 

138タワーパークでは、2019年4月13日(土)~5月6日(月休)まで、スプリングフェスタが開催され、春の花の開花リレーを楽しめます。

土日祝日を中心に家族で楽しめるイベント、自然に触れるイベントなどが行われます。

 

 

138タワーパークの「お花畑」では、

  • 7万8,000株のネモフィラ(見ごろの目安:4月中旬~5月上旬) ← 主に”白い”ネモフィラ
  • 2万株のシャーレ―ポピー・ハゼリソウ(見ごろの目安:5月中旬)

 

「やすらぎの池の花畑」「つどいの広場前花畑」では、

  • 2,500本のチューリップ(見ごろの目安:4月中旬~5月上旬)
  • 2,300本のリムナンテス(見ごろの目安:4月中旬~5月上旬)
  • 2万本のツマジロヒナギク(見ごろの目安:4月中旬~5月上旬)

を観賞できます。

 

▼園内マップ

138タワーパークの施設マップ

 

ネモフィラというと青い花のイメージが強いですが、138タワーパークに植えられているのは、主に「白いネモフィラ」です。

 

▼ネモフィラの開花状況【国営木曽三川公園 138タワーパーク】

木曽三川公園スタッフブログ ← 開花情報はこちら

国営木曽三川公園のHP(138タワーパーク スプリングフェスタ ← 138タワーパークのスプリングフェスタの詳細はこちら

 

国営木曽三川公園 フラワーパーク江南(愛知県江南市)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

国営木曽三川公園【公式】さん(@kisosansenpark)がシェアした投稿

ネモフィラの見ごろの目安は、4月上旬~5月上旬。

 

ここでは、木曽三川公園のうち「フラワーパーク江南」についてご紹介。

 

2019年4月13日(土)~2019年5月19日(日)に春のガーデンパーティが開催され、春の花や各種イベントを楽しめます。

 

▼ネモフィラの開花状況【国営木曽三川公園 フラワーパーク江南】

木曽三川公園スタッフブログ ← 開花情報はこちら

国営木曽三川公園のHP(フラワーパーク江南 春のガーデンパーティ ← フラワーパーク江南の春のガーデンパーティの詳細はこちら

 

岐阜県のネモフィラの名所

花フェスタ記念公園(岐阜県可児市)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花フェスタ記念公園さん(@hanafesta)がシェアした投稿

ネモフィラの見ごろの目安は、4月中旬~4月下旬。

広さ3000平方メートルの丘「語らい広場」に、80,000株のネモフィラが植えられています。

 

園内では下記の植物も見られます。

  • サクラ(見ごろの目安:3月下旬~4月中旬)
  • コブシ(見ごろの目安:3月下旬~4月中旬)
  • スイセン(見ごろの目安:4月中旬~4月下旬)
  • ハナモモ(見ごろの目安:4月下旬~5月上旬)
  • ハンカチノキ(見ごろの目安:4月下旬~5月上旬)
  • ヒトツバタゴ(見ごろの目安:4月下旬~5月上旬)

開花時期の一部がネモフィラと重なっているので、タイミングによってはネモフィラと同日に楽しめします。

 

 

特に、ネモフィラガーデンには桜の木もあるので、サクラのピンク色とネモフィラの青色を同時に見ることができる日もあります。

 

花フェスタ記念公園のネモフィラ

花フェスタ記念公園のネモフィラ

▼ネモフィラの開花状況【花フェスタ記念公園】

花フェスタ記念公園のHP

花フェスタ記念公園のFacebook

 

静岡県のネモフィラの名所

浜名湖ガーデンパーク(静岡県浜松市西区)

▲過去の年のネモフィラ

 

ネモフィラの見ごろの目安は、4月上旬~4月中旬。

園内にある高さ50メートルの展望塔の近くにある「花ひろば」で20万本のネモフィラを見ることができます。

 

ネモフィラのシーズンは、チューリップや芝桜なども見ごろを迎えます。

 

 

浜名湖ガーデンパークのネモフィラ

浜名湖ガーデンパークのネモフィラ

 

山梨県のネモフィラの名所

山中湖 花の都公園(山梨県南都留郡山中湖村)

ネモフィラの見ごろの目安は、5月上旬~6月中旬。

園内の「清流の里(有料エリア)」でネモフィラが植えられています。

 

山中湖花の都公園のネモフィラと富士山

山中湖花の都公園のネモフィラと富士山

富士山を背景にしてネモフィラを眺められるのが見どころ。

▼ネモフィラの開花状況【山中湖 花の都公園】

山中湖 花の都公園のHP(開花情報)

山中湖 花の都公園のFacebook

 

▼東海地方の【芝桜(シバザクラ)】の名所情報

▼東海・中部地方以外の【ネモフィラ】の名所情報

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください