祇王寺の御朱印の種類は限定版もあり!受付時間や場所も紹介

大日如来の御朱印

京都の嵯峨野にある祇王寺では、通常の御朱印以外に季節限定の御朱印も頒布されています。

祇王寺の御朱印の種類や画像、受付時間や場所を紹介しています。

また、オリジナル御朱印帳があるので、サイズや値段について触れています。

Sponsored Link

祇王寺の御朱印授与所はどこ?

祇王寺の御朱印は拝観受付で頂けます。

拝観受付の窓口の隣には、もう一つ窓口があり、そこで御朱印を受け付けています。

 

祇王寺の御朱印の受付時間は?

祇王寺の拝観時間は、午前9時00分~午後5時00分(受付終了は午後4時30分)。

 

前述の通り、御朱印の受付場所は拝観受付の隣の窓口です。

 

拝観受付が午後4時30分に終了するので、御朱印の窓口も午後4時30分に閉まってしまう可能性があります。

 

御朱印は、午前9時00分~午後4時30分に頂きましょう。

 

祇王寺の御朱印の種類は?

Sponsored Link

祇王寺の御朱印の種類

  1. 大日如来の御朱印
  2. 季節限定の御朱印

 

大日如来の御朱印の画像

大日如来の御朱印

大日如来の御朱印

祇王寺の本尊・大日如来の御朱印。

 

御朱印帳に直接書き込んで頂けるものではなく、書き置きです。

 

参拝者が多い時期のみ書き置きで、通常は御朱印帳に直接書き込んで頂けるのかと思ったら、「通年書き置きでしか頒布していない」と言われました。

 

値段は300円。

祇王寺の季節限定御朱印の画像

祇王寺御朱印(紅葉期限定)

祇王寺御朱印(紅葉の時期限定)

春や夏の季節限定御朱印もありますが、画像は秋の紅葉の時期限定の御朱印です。

 

通常の御朱印のように年月日が細かく書かれません。

上の画像で「平成二十九年秋」と書かれているように、「頒布された年と季節のみ」が書かれます。

 

この御朱印も書き置きのみです。

値段は300円。

祇王寺のオリジナル御朱印帳の種類は?

祇王寺のオリジナル御朱印帳の種類

  1. 竹の御朱印帳
  2. 白拍子の御朱印帳

祇王寺にはオリジナル御朱印が2種類あります。

 

竹の御朱印帳のサイズと値段

  • サイズ:18×12cm
  • 値段 :1800円

 

竹林の中に立って見上げるようなアングルの御朱印帳。

竹の緑色が夏の祇王寺らしい雰囲気を感じさせます。

 

白拍子の御朱印帳のサイズと値段

  • サイズ:16×11cm
  • 値段 :1800円

 

白拍子が舞っている姿がデザインされた白地の御朱印帳。

竹の御朱印帳と大きさが違いますが、値段は同じです。

 

祇王寺にオリジナル以外の御朱印帳はありませんでした。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください