奈良県内にある桜の観光スポットの開花状況が掲載されているサイトを紹介しています。

お出かけの際には、複数のサイトの開花情報を比較するのがおすすめです。

ライトアップが実施され、夜桜を楽しめるスポット一覧を確認できるサイトも紹介。

Sponsored Link

奈良県内の桜2020年の開花・満開予想日はいつ?

日本気象協会、ウェザーマップ、ウェザーニュースが発表した2020年(令和2年)の奈良県の桜の開花予想日・満開予想日を後述の表にまとめています。

 

奈良県の桜の標本木はどこにある?

桜の開花を発表する際に利用される「標本木」。

奈良県の桜の標本木は、奈良女子大付属中等教育学校(奈良市東紀寺町1)にあるソメイヨシノです。

 

余談ですが、「標本木」は基本的に気象台(気象庁の機関のひとつで、天気・地震・火山・海洋などを観測する。)から近い場所で、周辺の環境が変わりにくいところにある個体が選定されています。

桜は植物なので当然ながら年月とともに老化するし、周囲の環境が変われば大きな影響を受けることもあるため、標本木が変更されることもあります。

奈良県では2017年に奈良地方気象台が老朽化のため奈良市半田開町から同市西紀寺町へ移転するにあたって、標本木が、気象台の敷地にある個体から奈良女子大付属中等教育学校の個体に変更されたようです。

 

桜の標本木が1輪だけ花を咲かせても開花宣言はせず、5~6輪が咲いていることが目視で確認されれば「開花」とされます。

 

2020年の奈良県の桜の開花予想日

発表者 地点 開花予想日 2019年の開花日 例年の開花日 発表日
日本気象協会 奈良県市 3月21日 6日早い
(3月27日)
7日早い
(3月28日)
2月21日
ウェザーニュース 郡山城跡 3月27日 3月28日 3月27日 2月13日
ウェザーマップ 奈良女子大学附属中等教育学校 3月16日 -月-日 -月-日 2月20日

2020年の奈良県の桜の開花予想日は、3月16日~3月27日と予想されています。

2019年や例年よりも開花の時期は早くなりそうです。

 

2020年の奈良県の桜の満開予想日と見ごろの期間

媒体名 地点 満開予想日 見ごろ期間の予想 発表日
日本気象協会 奈良県市 -月-日 -月-日~-月-日 2月21日
ウェザーニュース 郡山城跡 4月2日 -月-日~-月-日 2月13日
ウェザーマップ 奈良女子大学附属中等教育学校 3月23日 3月22日~3月29日 2月20日

満開予想日は3月23日~4月2日。

見ごろの予想は3月22日~3月29日。

 

2020年の桜のシーズンで特に混雑が予想される時期はいつ?

桜のシーズンは平日でも混雑するスポットも少なくありませんが、やはり土日の方が混み具合はすさまじくなりやすいです。

 

満開や見ごろの予想日を見る限り、

最も混みそうなのは、3月28日(土)・3月29日(日)。

次に混みそうなのは、3月21日(土)・3月22日(日)と、4月4日(土)・4月5日(日)。

 

奈良県内の今現在の桜の開花情報は?

桜のシーズンになると、さまざまなメディアで開花状況が随時発表されます。

同一のスポットでもメディアによって「〇分咲き」という表記が異なることもよくあるので、お出かけの前には複数のメディアで開花状況を確認されることをおすすめします。

 

奈良県内で2020年の夜間に桜がライトアップされるスポットは?

Sponsored Link

一部のメディアでは、夜間に桜のライトアップがあるスポットだけを絞って開花状況を確認できます。

 

奈良県内で【日本さくら名所100選】に選定されている場所はどこ?

「公益財団法人 日本さくらの会」による「日本さくら名所100選」に選定されている場所は、奈良県内では下記の通り。

奈良県内の【日本さくら名所100選】
  1. 奈良公園(奈良市)
  2. 郡山城跡(大和郡山市)
  3. 吉野山(吉野郡吉野町)

「日本さくら名所100選」に選定されているスポットは桜の名所のなかでも定番かつ人気が高いところが多いので混雑しやすいですが、定番というだけのことはあって、観桜スポットのなかでも見応えがあるところが多いです。

行き先に迷ったら「日本さくら名所100選」のスポットに花見に行くのも良いかもしれません。

 

奈良県の桜の名所一覧と地図

奈良県の桜の名所をまとめた地図を掲載しています。

「日本さくら名所100選」のなかで、奈良県内にある観桜スポットには赤色のマップピンを立て、

そのほかの桜の名所には紫色のマップピンを立てています。

(地図の右上を押すと、拡大地図を表示できます。)

番号 桜の名所 所在地 例年の見頃
1 奈良公園 奈良市 3月下旬~5月上旬
2 郡山城跡 大和郡山市 3月下旬~4月上旬
3 吉野山 吉野町 4月上旬~4月下旬
1 月ヶ瀬湖畔 奈良市 4月上旬~4月中旬
2 芳徳寺 奈良市 4月上旬~4月中旬
3 平城宮跡資料館 奈良市 4月上旬~4月中旬
4 帯解寺 奈良市 3月下旬~4月中旬
5 石上神宮外苑公園 天理市 3月下旬~4月中旬
6 法隆寺 斑鳩町 3月下旬~4月上旬
7 三室山 斑鳩町 3月下旬~4月上旬
番号 桜の名所 所在地 例年の見頃
8 朝護孫子寺 平郡町 3月下旬~4月上旬
9 大野寺 宇陀市 3月下旬~4月中旬
10 屛風岩公苑 曽爾村 4月中旬~4月下旬
11 佛隆寺の千年桜 宇陀市 4月中旬
12 長谷寺 桜井市 4月上旬~4月下旬
13 大神神社 桜井市 3月下旬~4月中旬
14 安倍文殊院 桜井市 3月下旬~4月上旬
15 又兵衛桜(瀧桜) 宇陀市 4月上旬~4月中旬
16 談山神社 桜井市 4月上旬~4月下旬
17 大中公園 大和高田市 4月上旬
番号 桜の名所 所在地 例年の見頃
18 高田千本桜 大和高田市 3月下旬~4月上旬
19 葛城山麓公園 葛城市 4月上旬~4月中旬
20 金峯山寺 吉野町 4月上旬~4月中旬
21 下北山スポーツ公園 下北山村 3月下旬~4月上旬

注意 桜まつりの期間やライトアップ情報など最新情報を反映できているとは限りませんので、お出かけの前に当該スポット公式のウェブサイト・SNSなどをご確認ください。

桜の本数や品種数は、明記されているところのみを記載しています。

媒体によって表記されている数字が異なることがありますし、植物なので枯れたり植えられたりすることで数が変動することもあるので、参考程度にご覧ください。

Sponsored Link

 

奈良の桜の名所おすすめスポット【概要と見頃】

奈良公園(奈良市):1700本

近鉄奈良駅やJR奈良駅から近い奈良公園は、アクセスしやすい観光名所。

若草山の山麓、浮御堂の周辺、興福寺や東大寺の境内などで桜の花が見られます。

品種は、彼岸桜、山桜、染井吉野、奈良八重桜、奈良九重桜、枝垂れ桜など豊富です。

 

見ごろの目安は、3月下旬~5月上旬。

品種によっては、4月中旬や4月下旬でも観桜できる場合もあります。

 

「日本さくら名所100選」に指定されています。

 

月ケ瀬湖畔(奈良市):2000本

奈良県下で屈指の梅の名所として知られている月ヶ瀬ですが、桜の名所でもあります。

月ヶ瀬湖畔沿い4kmに渡って桜を観賞でき、八幡橋からの桜も見どころ。

 

見ごろの目安は、4月上旬~4月中旬。

 

 

郡山城跡(大和郡山市):800本

「続日本100名城」に選定されている郡山城跡は、「日本さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所です。

堀を囲むように植えられている約800本の桜が咲き、天守台展望施設から城跡一帯をピンク色に染める桜を一望できます。

 

見ごろの時期に「大和郡山お城まつり」が開催され、期間中の夜間は、ぼんぼりの灯りに照らされた妖艶な夜桜を観賞することもできます。

見ごろの目安は、3月下旬~4月上旬。

 

石上神宮外苑公園(天理市):500本

石上神宮に隣接している外苑公園で桜並木を見ることができます。

見ごろの時期に合わせて夜に「天理の桜ライトアップ」が開催され、ぼんぼり・提灯で照らされた夜桜を楽しめます。

 

見ごろの目安は、3月下旬~4月上旬。

 

談山神社(桜井市):500本

紅葉の名所として知られる談山神社は、桜の時期も華やかです。

境内に点在する社殿と桜の花の組み合わせがきれいで、ヤマザクラやソメイヨシノなどが咲きます。

 

見ごろの目安は、4月上旬~4月中旬。

 

佛隆寺の桜/千年桜(宇陀市):1本

佛隆寺境内の階段の途中に「千年桜」と呼ばれる桜の古木があります。

その樹齢は900年を越え、幹の周囲7.5m以上ある大木です。

 

品種はモチヅキザクラ。

見ごろに合わせてライトアップが行われます。

見ごろの目安は、4月中旬。

 

 

又兵衛桜/本郷の瀧桜(宇陀市):1本

「又兵衛桜」は、大坂夏の陣で豊臣側についた戦国武将・後藤又兵衛がこの地に落ちのびて生涯を終えたという伝承にちなんで命名されたという桜の古木。

樹齢300年ともいわれ、その幹回りは3メートルにもなります。

苔むした石垣との組み合わせが美しく、さらに周囲にある桃の木もほぼ同時期に花を咲かせます。

開花時期に合わせて「桜まつり」が開催され、地元の人たちによる屋台も出て、賑わいます。

 

見ごろの目安は、4月上旬~4月中旬。

 

吉野山(吉野郡吉野町):3万本

吉野山には、シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が谷や尾根で咲きます。

 

山内のエリアは下千本・中千本・上千本・奥千本とおおまかに分けられており、それぞれ見ごろが異なります。

下千本から見ごろを迎えていくため、山全体の桜が同時に満開になることはありませんが、その分、吉野山全体の観桜期は長くなります。

 

おすすめスポットは、花矢倉から見下ろす上千本・中千本の眺めです。

時期も中千本や上千本が見ごろになる頃が最もおすすめです。

 

見ごろの目安は、4月上旬~4月下旬。

 

「日本さくら名所100選」に指定されています。

 

Sponsored Link