仁和寺の紅葉2017の見頃時期と現在の状況は?混雑やライトアップも

仁和寺の紅葉見頃の時期と混雑・ライトアップの拝観所要時間の目安のアイキャッチ画像

世界遺産の仁和寺というと京都の主な観光地の中で遅咲きの「御室桜」が有名ですが、秋の紅葉の美しさも素晴らしい寺院です。

 

歴代の住職は皇族にゆかりのある人物が多いため、お堂や庭園がみやびで魅力的です。

 

閑散期でも見どころの多い仁和寺ですが、より見ごたえのある紅葉の時期の仁和寺の拝観情報について紹介します。

Sponsored Link

京都・仁和寺の紅葉の見ごろの時期はいつ?

仁和寺の紅葉

仁和寺の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

仁和寺の紅葉が色づき始めるのが例年11月上旬頃。

 

紅葉の見頃は例年11月中旬から12月上旬です。

 

 

京都の他の紅葉の名所とほぼ同じで、標準的な時期です。

 

 

2017年(平成29年)の仁和寺の紅葉の見頃と現在の情報は?

仁和寺の紅葉

仁和寺五重塔周辺の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

 

2017年(平成29年)の仁和寺の紅葉の状態が発表されれば更新します。

2017年(平成29年)の仁和寺の紅葉

  • 11月某日:(時期が来たら更新)

 

 

参考までに過去3年間(2014年以降)の仁和寺の紅葉の色づき情報を載せておきます。

2016年(平成28年)

  • 2016年(平成28年)12月6日:少し見頃の紅葉はありますが、ほぼ終了です。
  • 2016年(平成28年)11月26日:散り始めています。
  • 2016年(平成28年)11月19日:まだ見頃。
  • 2016年(平成28年)11月15日:見ごろです。
  • 2016年(平成28年)11月12日:境内全体、見頃まだあと一二歩。
  • 2016年(平成28年)11月9日:金堂・御殿内の北庭、一部見頃。
  • 2016年(平成28年)11月2日:金堂・御殿内の北庭、順調に色づいています。
  • 2016年(平成28年)10月23日:色づき始め。

 

2015年(平成27年)

  • 2015年(平成27年)11月27日:まだ見ごろです。
  • 2015年(平成27年)11月21日:見頃継続中。
  • 2015年(平成27年)11月15日:五重塔・金堂前、見頃です。
  • 2015年(平成27年)11月10日:五重塔・金堂前、さらに進行。北庭、見頃直前。
  • 2015年(平成27年)11月5日:五重塔・金堂前の石段、見頃直前。
  • 2015年(平成27年)10月30日:青葉が多いが、色づき始め。

 

2014年(平成26年)の色づき具合

  • 2014年(平成26年)11月24日:ほぼ見頃。
  • 2014年(平成26年)11月13日:色づき始め。

 

仁和寺では紅葉の時期に夜間拝観・ライトアップが実施される?

Sponsored Link

仁和寺では紅葉の時期にライトアップは実施されません。

 

日中のみ拝観可能です。

 

紅葉シーズンの仁和寺の拝観情報は?無料でも紅葉を見ることはできる?

仁和寺の御殿庭園の紅葉

仁和寺の御殿庭園の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

 

仁和寺で拝観料が有料なのは御殿と、春と秋のみ公開している霊宝館です。

 

仁和寺は境内に立ち入るだけなら無料です。

 

桜の時期は境内に入る際に別途拝観料が必要ですが、紅葉の時期はその他の時期と同様に境内無料なのです。

 

 

仁和寺では五重塔や金堂の周辺にある紅葉が見どころですが、それらは無料で拝観できます。

 

 

 

御殿の庭園の紅葉もきれいですが、御殿の拝観は有料です。

 

仁和寺を参拝するなら御殿も拝観することを強くおすすめしますが、御殿を拝観するかどうかはお好みで決めると良いでしょう。

 

 

 

紅葉とは関係ないですが、毎年春期と秋期には仁和寺の宝物が霊宝館で展示公開されます。

 

文化財に興味あるなら霊宝館のぜひ拝観してみてください。

 

拝観時間

御殿の拝観時間

  • 3月から11月:午前9時00分~午後5時00分(受付終了時間は午後4時30分)
  • 12月から2月:午前9時00分~午後4時30分(受付終了時間は午後4時00分)

 

霊宝館の拝観時間

  • 午前9時00分~午後4時30分受付終了

 

霊宝館の特別公開期間

  • 春季:4月1日~5月第4日曜日まで
  • 秋季:10月1日~11月23日まで

 

2017年秋季の霊宝館の公開される期間と曜日は10月1日(日)~11月23日(木祝)

 

拝観料金

御殿の拝観料(個人料金)

  • 大人 :500円
  • 高校生:500円
  • 中学生:300円
  • 小学生:300円

 

御殿の拝観料(団体料金)

  • 大人 :450円
  • 高校生:450円
  • 中学生:250円
  • 小学生:250円

※団体割引は30名以上で適用されます。

 

霊宝館の拝観料(個人料金)

  • 大人 :500円
  • 高校生:300円
  • 中学生:300円
  • 小学生:無料

 

 

霊宝館の拝観料(団体料金)

  • 大人 :450円
  • 高校生:270円
  • 中学生:270円
  • 小学生:無料

※霊宝館の団体割引も30名以上で適用されます。

 

障害者は障害者手帳の提示で本人のみ拝観料が無料になります。

 

紅葉の時期の仁和寺の拝観所要時間の目安と混雑は?

仁和寺の御殿を拝観せず、無料で拝観できる五重塔や金堂の周辺のみを拝観する場合の所要時間の目安は約30分。

 

境内と御殿を拝観する場合の所要時間の目安は約50分。

 

さらに霊宝館も拝観するなら所要時間の目安は約80分程度といったところ。

 

 

仁和寺の境内は広いですし、東福寺や永観堂ほど京都の紅葉の名所として有名ではないので、閑散期よりはもちろん混雑するものの、極端に混雑することはありません。

 

ですが、なるべく混雑を避けたいなら朝早めの時間帯に参拝する方が望ましいです。

 

 

嵐山の紅葉2017の見ごろ時期はいつ?寺のおすすめ度や混雑は?

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です