嵐山の紅葉2018の見ごろ時期はいつ?寺のおすすめ度や混雑は?

嵐山の紅葉の見ごろ時期や混雑・おすすめの寺のまとめアイキャッチ画像

京都にはさまざまな紅葉の名所がありますが、個人的に京都で最もおすすめしたい紅葉観光スポットが嵐山嵯峨野です。

嵐山嵯峨野エリアにある紅葉がきれなお寺の見ごろやおすすめの時期をまとめています。

Sponsored Link

京都・嵐山の寺でおすすめはどこ?場所と見ごろの一覧

天龍寺

天龍寺の紅葉

天龍寺の紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月中旬から11月下旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

天龍寺は世界遺産になっている寺院ですが、選定された大きな要因は特別名勝に指定されている庭園があることです。

 

紅葉の時期の天龍寺の庭園はいっそう美しくなりますが、紅葉の見ごろの前後に行ってしまってもよかったと思えるほど庭園がきれいです。

 

嵐山嵯峨野エリアで最も紅葉の見ごろが早いので、少し早めの時期に出かけることになる場合も天龍寺をおすすめします。

 

宝厳院

宝厳院の紅葉

宝厳院の紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月下旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:あり

 

宝厳院は天龍寺の塔頭です。

 

天龍寺には美しい庭園があり、紅葉の時期はさらに美しくなりますが、紅葉の美しさなら個人的に宝厳院をおすすめします。

 

夜間にライトアップが実施されるので、嵐山嵯峨野で紅葉のライトアップを拝観したいなら宝厳院に行きましょう。

 

常寂光寺

常寂光寺多宝塔の紅葉

常寂光寺多宝塔の紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月中旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

常寂光寺では、仁王門や多宝塔周辺の紅葉が見どころ。

紅葉の発色が鮮やかな年が多く、個人的には紅葉の名所が多い京都嵐山・嵯峨野エリアの中でも特におすすめしたいお寺のひとつです。

 

石段が多いので、足の悪い方には宝厳院の紅葉をおすすめします。

 

二尊院

二尊院勅使門の紅葉

二尊院勅使門の紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月中旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

紅葉の見ごろの時期は、総門をくぐると紅葉のトンネルがある参道が目に入ります。

 

その光景は「紅葉の馬場」と呼ばれるほど美しく、二尊院の紅葉の見所です。

「勅使門」の紅葉もきれなのでお忘れなく。

 

祇王寺

祇王寺の散り紅葉

祇王寺の散り紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月下旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

祇王寺の苔庭は夏は緑一色で美しいですが、秋はそこに燃えるような紅葉の赤が加わってコントラストが美しいです。

 

真っ赤に燃え盛るような枝ぶりもきれいですが、祇王寺は散り紅葉が一番の見どころです。

 

少し遅めの時期に訪れることをおすすめします。

 

宝筐院

宝筐院の紅葉

宝筐院の紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月下旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

宝筐院も紅葉の名所ですが、本格的な紅葉の撮影を目的とした拝観は禁止されています。

 

写真好きなカメラマンさんたちが来ない分、混雑が緩和されていると言えるかもしれません。

 

厭離庵

厭離庵の散り紅葉

厭離庵の散り紅葉

  • 紅葉の見ごろの時期:11月中旬から12月上旬
  • 紅葉のライトアップ:なし

 

穴場とまでは言えないですが、団体の観光客が比較的来ず、ゆったりしやすいお寺です。

 

厭離庵も祇王寺と同様に散り紅葉が見どころ。

散り紅葉の美しさにそれ目的の写真撮影に来る人も多いです。

 

紅葉の時期の嵐山のお寺の混雑状況は?

Sponsored Link

嵐山のお寺は紅葉シーズンはどこも混雑しますが、一般的に渡月橋や阪急、嵐電の嵐山駅から近い場所ほど混雑し、駅から遠くなるほど観光客が少なくなります。

 

駅から近い天龍寺や宝厳院などは特に混雑し、比較的駅から遠い祇王寺は混雑度合いがマシになるというイメージです。

 

時間帯で言うと、お昼頃が最も混雑します。

朝早い時間や閉門が近い時間などは観光客が少なめです。

 

嵐山嵯峨野エリアの複数のお寺で紅葉を見る場合、午前中や夕方の時間帯は駅から近いお寺を拝観し、お昼頃は駅から遠いお寺を拝観するスケジュールにすると、混雑を避けられる可能性がより高まります。

 

見頃の時期ごとにオススメしたい嵐山嵯峨野のお寺は?

当記事で紹介している紅葉の名所は、どれも嵐山嵯峨野エリアというそれほど広くない範囲にあるお寺です。

そのため基本的にどこも見ごろの時期はほぼ同じです。

 

ですが、天龍寺は例年、嵐山嵯峨野のお寺で最も紅葉が色づき始めるのが早く、見ごろになるのも早いです。

天龍寺の紅葉の見ごろのピークが少し過ぎた頃に、周辺のお寺は紅葉の見ごろを迎えます。

 

そのため、嵐山嵯峨野の紅葉を見に行く予定を立てていたものの、予想より見ごろの時期が遅いという場合は、天龍寺に行けば見ごろの紅葉を見られる可能性が高まります。

 

逆に見ごろのピークを少し過ぎた頃に嵐山嵯峨野を訪れることになった場合は、散り紅葉が見どころの祇王寺と厭離庵をおすすめします。

祇王寺と厭離庵は紅葉のピーク以上に散り紅葉が美しいので、ピークを少し過ぎた頃がちょうど良いのです。

 

嵐山の紅葉の見ごろより少し早めに出かけることになった場合は天龍寺。

見ごろのピークに出かけられるなら宝厳院、常寂光寺、二尊院、宝筐院。

ピークを少し過ぎてしまった場合は祇王寺、厭離庵を拝観することをおすすめします。

 

※当記事の画像は、京都フリー素材集から使用させて頂きました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください