背割堤の桜まつり2019の開花状況や見頃時期!ライトアップなし

背割堤の桜アイキャッチ画像

京都府にある背割堤(せわりてい)は、桜の名所として人気のスポット。

桜の見頃の時期には、川沿いに続くソメイヨシノが、1400mもの距離をピンク色に染め上げます。

 

桜並木を一望できる展望台からの桜は絶景です。

見ごろの時期には桜まつりが開催され、例年多くの人々で賑わいます。

 

背割堤の桜の見頃や絶景のポイント、桜祭りについての情報をご紹介。

Sponsored Link

背割堤の桜の見ごろはいつ?

背割堤の桜

背割堤の桜並木

背割堤の桜の見ごろは、例年4月上旬ごろです。

3月の終盤あたりから一気に開花を始めます。

 

今現在の背割堤の桜の開花情報は?何分咲き?

背割堤の桜並木

背割堤の桜並木

▼背割堤の桜の開花情報は下記にて発信されることがあります。

淀川河川公園の公式Facebook

 

今現在の背割堤の桜の開花状況を掲載しているサイトはたくさんあります。

複数のサイトを確認する方が安心かも。

 

背割堤の桜の本数や種類は?

背割堤の桜のトンネル

背割堤の桜のトンネル

背割堤は、京都府内でも桜の名所として有名。

1400mにもおよぶ桜並木は長い桜トンネルとなり、訪れる人々に非日常の世界を見せてくれます。

 

桜の本数は約220本で、種類は主にソメイヨシノ。

シダレザクラもあります。

 

背割堤桜祭り2019年の開催情報とアクセス方法

Sponsored Link

毎年桜が見ごろの時期に合わせて、背割堤さくらまつりが開催されています。

背割堤は2018年の台風21号によって被害を受けたものの、2019年もさくらまつりは開催されます。

2019年の背割堤の桜まつり開催概要

開催場所:淀川河川公園背割堤地区

開催期間:2019年3月30日(土)~4月7日(日)

開催時間:午前9時00分~午後5時00分

駐車場 :なし(公共交通機関を利用しましょう)

 

この背割堤さくらまつりでは毎年、新鮮な野菜の販売・飲食物の販売・手作り雑貨の販売など約40のお店が出店しています。

 

駐車場に関して、2018年より臨時の駐車場の解放がなくなったので注意が必要です。

 

シャトルバス情報

運行期間:2019年3月30日(土)~4月7日(日)

運行区間:西山天王山駅~さくらであい館

乗車料金:片道大人230円/子供120円

 

背割堤の最寄り駅は京阪「八幡市駅」で、そこから徒歩約10分でアクセスできます。

桜まつり期間中は、阪急「西山天王山駅」~「さくらであい館」の間をシャトルバスが運行するので、阪急京都線やJR京都線沿線からアクセスする場合は、シャトルバスの利用を検討しましょう。

 

背割堤では夜桜のライトアップは無し

背割堤では夜間に桜のライトアップは実施されません。

 

さくらであい館展望塔からの眺めがおすすめ

さくらであい館展望塔からの桜の眺め

さくらであい館展望塔からの桜の眺め

さくらであい館にある展望塔からの眺めは、桜トンネルを高い場所から一望することができるおすすめのポイントです。

 

桜並木を間近で歩いて観賞するのもよいですが、色んな角度から見るのも違った美しさがあります。

 

普段は無料の「さくらであい館展望塔」は、桜のシーズンは有料となります。

さくらであい館展望塔の利用概要(2019年の桜のシーズン)

有料期間:2019年3月27日(水)~4月7日(日)

開放時間:午前9時00分~午後4時30分(最終受付は午後4時20分)

利用料金:大人(高校生以上)300円/小中学生100円

 

 

川に浮かぶ船【さくらであいクルーズ】からの桜もおすすめ

桜シーズンには、桜のすぐ近くを流れる川から船に乗って花見をできる「さくらであいクルーズ」が運航されます。

陸上では混み合う桜のトンネルを、船上からゆったりと観賞できます。

 

さくらであいクルーズ2019年の運航情報

運航期間:2019年3月23日(土)~桜の散るまで

営業時間:午前10時00分~午後6時00分まで(10分~30分間隔で運航)

利用料金:大人(中学生以上)1,500円/小学生500円/幼児無料(大人1名につき1名まで無料。2名以上は小学生と同等の料金が必要)

所要時間:約20分

雨天中止(小雨等では運航する場合があります)

 

船に乗りたい場合は、乗船券を背割堤地区船着場の乗船券売り場にて購入するシステムとなっています。

(電話での予約は受付していません)

 

当日の午前9時30分から便指定で乗船券を販売。

満席になり次第、販売終了。

 

さくらまつり開催中の混雑は?

背割堤の桜並木

背割堤の桜並木

さくらまつり開催中は例年、約50万人の人出ということで、かなりの混雑が見られます。

2018年9月に台風21号の被害を受けたものの、2019年も多くの花見客が訪れて混雑する可能性はあります。

 

しかし、2018年からは臨時駐車場が利用できなくなったので駐車場付近での混雑の心配はないです。

 

先述の通り、阪急電鉄の西山天王山駅からさくらであい館まで直接向かえるシャトルバスを利用するのがおすすめです。

また、京阪電鉄の八幡市駅からは歩いて10分ほどなので、徒歩で向かうのも良いでしょう。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください