正倉院のアクセスルートは?場所と東大寺からの行き方を画像で紹介

正倉院の場所とアクセスのアイキャッチ画像

奈良の正倉院は近くまで行って拝観することができますが、その名前を耳にしたことがあっても、どこにあるのかわからないという人も少なくないでしょう。

 

この記事では、正倉院の場所と、東大寺南大門からの行き方を画像で詳細に説明しています。

Sponsored Link

正倉院の場所はどこ?地図を掲載

正倉院は東大寺大仏殿の北側にあります。

 

東大寺の境内から正倉院正倉の前まで行くことができます。

 

 

東大寺南大門からのアクセス方法を画像で詳細に説明

Sponsored Link

東大寺南大門から正倉院までのアクセスルート

東大寺南大門から正倉院までのアクセスルート

画像中央より下にある黄色の三角形(▲)で示した場所が東大寺の南大門です。

 

 

そこから伸びる赤い線が当記事で紹介するアクセスルートで、画像上部の星印(★)で示したのが正倉院の見学場所です。

 

 

赤い線に沿った行き方を画像で説明します。

 

東大寺南大門

南大門を通って直進する

南大門の前まで来たら門をくぐってまっすぐ進みます。

 

進み続けると、大仏殿の前に建つ中門の前に着きます。

 

東大寺中門

中門前を左折する

中門の前で左折します。

 

大仏殿の後ろ側に回り込むような行き方になるのですが、右折して大仏殿の東側から行くよりも、左折して西側から行く方が近いです。

 

東大寺中門前

廻廊に沿って進む

廻廊に沿って西へ進みます。

 

廻廊の西端

廻廊の西端を右折する

廻廊の西端で右折して、大仏殿の西側にまわり込みます。

 

東大寺西廻廊に沿って進む

西廻廊に沿って進み突き当たりで右折する

西廻廊に沿って北に進みます。

 

突き当たりまで来たら右折します。

 

正倉院の看板が示す方へ進む

正倉院の方向を示す看板が指す方へ進む

画像左端の石垣と柵は大仏殿の後ろ側を囲むもので、少し進むと正倉院の方向を示す看板があります。

 

正倉院の方向を示す看板(拡大)

正倉院の方向を示す看板(拡大)

看板が示す方へ進みます。

 

正倉院へ続く道を直進する

正倉院へ続く道を直進する

しばらく直進すると、進行方向左側に正倉院の拝観入口が見えます。

 

正倉院外構の拝観入口が見える

正倉院外構の拝観入口が見える

入口の方へ進みます。

 

正倉院外構の拝観入口から直進する

正倉院外構の拝観入口から直進する

入口から直進します。

 

突き当たりまで行くと売店があります。

 

売店の前を左折する

売店の前を左折する

売店では正倉院に関する書籍やグッズが販売されています。

 

売店の手前、画像の黄色の四角で囲んだところに倉院の説明書きが置かれていますので、一部頂きましょう。

 

 

売店の前を左折すると、正倉院の正倉が見えます。

 

正倉院外構前に到着

正倉院外構前に到着

正倉を囲む塀の門が開いているので、そこから正倉の前まで行くことができます。

 

正倉院の見学時間や拝観料金は?所要時間とおすすめの時間帯も

東大寺南大門から正倉院までの距離と所要時間は?

南大門から正倉院正倉までの距離は約900mです。

 

徒歩の所要時間は約11分です。

 

正倉院展2017年の日程や見学料金は?混雑せず空いている時間帯は?

正倉院展の会期中なら奈良国立博物館に行くのも良いでしょう。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です