宝厳院の紅葉2018現在の見ごろ時期は?ライトアップの時間と混雑も

宝厳院の紅葉の見ごろ時期とライトアップの時間・混雑のアイキャッチ画像

京都の嵐山で最も混雑する天龍寺の塔頭のひとつが宝厳院です。

宝厳院の紅葉は発色が鮮やかで嵐山嵯峨野エリアの中でも、おすすめしたい紅葉の観光スポットです。

宝厳院の紅葉の見頃や混雑などを紹介します。

Sponsored Link

京都嵐山・天龍寺宝厳院の紅葉の見頃はいつ?

宝厳院の紅葉

宝厳院の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

天龍寺塔頭・宝厳院の紅葉が色づき始めるのが、例年11月上旬から11月中旬。

見頃になる時期が11月下旬から12月上旬です。

 

2018年現在の紅葉の色づき状況は?

Sponsored Link

現在の紅葉の色づき具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の紅葉の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「宝厳院 紅葉」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「宝厳院」の検索結果

 

紅葉の時期の宝厳院の拝観情報は?

宝厳院の紅葉

宝厳院の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

特別拝観期間

  • 2018年10月6日(土)~12月9日(日)

※11月1日から11月10日までの間、法務のため、本堂襖絵「風河燦燦三三自在」の拝観は休止。

 

拝観時間

  • 午前9時00分~午後5時00分

※本堂の拝観受付終了は午後4時30分

※庭園の拝観受付終了は午後4時45分

 

拝観料金(庭園)

  • 大人  :500円
  • 小中学生:300円

 

※宝厳院本堂の特別拝観には別途下記の志納料

  • 大人  :500円
  • 小中学生:300円 が必要です。

 

 

宝厳院と同じく天龍寺の塔頭のひとつである弘源寺との共通拝観券もあります。

  • 宝厳院・弘源寺割引共通券:900円

 

紅葉の時期の宝厳院の夜間拝観・ライトアップの拝観情報は?

宝厳院では日中の拝観だけでなく、夜間に紅葉のライトアップが行われます。

 

ライトアップ期間

  • 2018年11月9日(金)~12月2日(日)

※11月9日から11月10日までの間、法務のため、本堂襖絵「風河燦燦三三自在」の拝観は休止。

 

拝観時間

  • 午前5時30分~午後8時30分

※本堂の拝観受付終了は午後8時00分

※庭園の拝観受付終了は午後8時15分

 

拝観料金(庭園)

  • 大人  :600円
  • 小中学生:300円

 

※宝厳院本堂の特別拝観には別途下記の志納料が必要です。

  • 大人  :500円
  • 小中学生:300円 

 

 

紅葉シーズンの宝厳院の混雑と拝観所要時間の目安は?

宝厳院の紅葉

宝厳院の獅子吼の庭の紅葉

画像引用元:京都フリー素材集

 

宝厳院は天龍寺の側にあり、京福(嵐電)嵐山駅からも近いので混雑します。

混雑を避けたいなら、なるべく昼の時間帯に行かず、朝早めの時間か夕方に行く方が良いでしょう。

 

宝厳院には「獅子吼(ししく)の庭」という獅子の形をした岩がある庭園があり、庭園の紅葉が見どころです。

拝観出口にある紅葉のトンネルもきれいなので、最後まで紅葉を楽しめます。

 

ライトアップが行われる夜間拝観は日中の拝観より実施期間も拝観時間も短いです。

 

夜間拝観の受付開始時間の午後5時30分頃が最も混雑します。

開門直後の時間帯は、拝観受付の前に行列ができて待ち時間があるものと覚悟しておいた方が良いです。

 

夜間に訪れる場合は、受付終了時間の午後8時00分の少し前など遅めに行く方が混雑を避けられます。

 

拝観券購入の待ち時間などを含まない宝厳院の拝観所要時間の目安は約40分です。

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください