いなべ市梅林公園2019の開花状況と見ごろ時期は?


東海地方で最大規模の梅林公園である、いなべ市梅林公園。

38万平方メートルと広大な敷地に100種、4000本もの梅が咲き誇ります。

展望台からはピンクと白のパッチワークのような梅の花を見下ろすことができます。

見頃には梅まつりも開催。

いなべ市梅林公園の梅の開花情報や梅まつりの開催情報を紹介します。

Sponsored Link

いなべ市梅林公園の梅の見頃はいつ?

いなべ市梅林公園の例年の梅の見頃は、2月下旬から3月下旬です。

気候などに影響されるので、年によって多少変動します。

 

三重県北部にあるいなべ市農業公園の中にある梅林公園は、名古屋から約1時間、大阪から約2時間とアクセス良好。

東海エリア最大規模の梅林だけあって、見応えは十分。

100種4000本の美しい梅の花を見上げながら歩くのはもちろん、展望台から梅を見下ろすこともできます。

その展望台からは鈴鹿山脈が一望でき、まだ雪をかぶった山々とピンクや白の梅が絨毯のように一面広がった景色のコントラストがまさに絶景です。

 

2019年現在の梅の開花情報は?

▼いなべ市梅林公園の梅の開花情報は、下記サイトで確認できます

観光三重(三重県花のカレンダー)

eoおでかけ(関西 梅の名所) ⇐ 開花状況が更新されないかも

 

いなべ市梅林公園の梅まつり2019の開催概要

毎年いなべ市梅林公園では梅の開花時期に合わせて、梅まつりが開催されます。

梅まつりでは、猿回しや大道芸などのほか、梅やバラ、ブルーベリーなどの苗木販売もされます。

地元名産であるそばや抹茶と和菓子などの食事も会場内で楽しめます。

 

また3月中旬の土日には同じ会場内で「うまいもん市」も開催されます。

いなべ市や近隣市町村の特産品を味わえます。

地元の特産品を食べながら梅を眺めるのもすてきですね。

 

梅まつり2019年の開催概要

期間:2019年3月上旬~3月下旬(開花状況によって変わります)

(2018年は3月3日(土)~3月25日(日)でした)

時間:8時30分~16時00分

入園料:大人500円/小学生以下無料

(団体料金:400円 大人20名以上)

 

うまいもん市2019の開催概要

期間:2019年3月9日(土)~3月10日(日)

 

いなべ市梅林公園までのアクセス方法は?

電車の最寄り駅は?

いなべ市梅林公園の最寄り駅は、三岐鉄道北勢線「阿下喜駅」です。

いなべ市梅林公園へは、そこからタクシーで20分。

 

▼「阿下喜駅」から「いなべ市梅林公園」までの自動車のアクセスルートマップ

 

車の行き方は?

名古屋方面からアクセスする場合

  • 東名阪自動車道 桑名ICからいなべ号経由)40分

 

関西・北陸方面からアクセスする場合

  • 名神高速道路 八日市ICから(国道421号 石榑トンネル経由)40分
  • 名神高速道路 関ヶ原ICから(国道365号経由)40分
  • 東名阪自動車道 四日市ICから(国道365号経由)50分

 

いなべ市梅林公園には駐車場あり

いなべ市梅林公園内に無料の駐車場があります。

収容台数は500台です。

 

ただし、土日や祝日などは満車になり、周辺道路も混雑することがあります。

時間に余裕を持っていきましょう。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください