京都の特別拝観2019年9月の一覧!公開場所の地図もあり


京都にあるお寺・神社の2019年9月の特別拝観情報を紹介。

9月の京都は紅葉シーズンにはまだ早く、比較的混雑していないシーズン。

この時期にも特別拝観が実施される場所があります。

記事の最後には、記事中で取り上げた特別拝観開催場所をまとめた地図を掲載。

Sponsored Link

2019年9月の特別拝観 開催情報

平岡天満宮【花の天井】

期間:2019年9月13日 (金)~12月1日 (日) ※10/6、10/12~10/14は拝観休止

時間:10:00~16:00

料金:800円 (宮司のお話と大福茶接待付き)

平岡天満宮の本殿内陣天井には、江戸時代に描かれたとされる44種の花の絵があります。

例年、この天井画の特別拝観が実施されており、拝観者には神職による説明があります。

さらに大福茶の接待もあり。

 

東寺宝物館【秋期特別展】

期間:2019年9月20日 (金)~11月25日 (月)

時間:9:00~17:00閉門

料金:500円(宝物館のみ)

東寺の境内にある宝物館は例年、春と秋にの特別展の時期のみ拝観可能。

寺宝の中から特定のテーマに沿った文化財が展示されます。

 

通常拝観できる金堂・講堂や観智院とは別料金ですが、宝物館のみを拝観することもできます。

いずれも拝観するなら、共通券を東寺の窓口で購入するのがお得です。

 

▼宝物館の特別展の詳細や共通券の料金などは下記ページでご確認ください

東寺ウェブサイト(特別展)

 

Sponsored Link

聖護院【予約不要で拝観可能】

期間:2019年9月21日 (土)~12月8日 (日) 

  • 10月5日・10月24日~27日は終日拝観休止
  • 11月29日は行事のため区域を限定して自由拝観

※法務により拝観休止日が増える可能性有

時間:10:00~16:00

料金:800円

 

通常は事前に拝観予約をすることで拝観できる聖護院ですが、特別拝観の期間中は予約不要で拝観できます。

 

特別拝観では、下記のように拝観できる文化財が多数あります。

  • 大玄関
  • 宸殿
  • 狩野永納・狩野益信筆 宸殿障壁画
  • 本堂
  • 本尊不動明王像(重文)
  • 書院(重文)
  • 【天皇陛下御即位奉祝特別展示】光格天皇親刻阿弥陀仏、盛化門院持仏薬師如来、原在中筆四季花鳥図屏風

 

▼特別拝観の詳細や拝観休止日などの最新情報は下記ページでご確認されることをおすすめします。

京都春秋 聖護院

 

相国寺【秋期特別公開】

期間:2019年9月25日 (水)~12月15日 (日) 行事などにより、拝観休止日や拝観時間変更の場合があります

時間:10:00 ~ 16:00受付終了 

料金:800円

金閣寺や銀閣寺はどちらも臨済宗相国寺派の寺院。

相国寺は、その相国寺派の本山にあたるお寺です。

 

相国寺は通常非公開ですが、例年、春と秋に特別拝観が実施されます。

一番の見どころは法堂の「鳴き龍」です。

法堂の天井には龍が描かれており、その真下で手を叩くと「龍の鳴き声が聞こえる」ということから鳴き龍と呼ばれています。

 

想像上の生き物である龍の鳴き声ってどんなの?

と気になる方は、ぜひ現地でお試しあれ!

 

特別公開場所の地図

下記の場所にマップピンを立てています。

  1. 平岡天満宮(京都府京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23)
  2. 東寺宝物館(京都市南区九条町1)
  3. 聖護院門跡(京都市左京区聖護院中町15)
  4. 相国寺(京都市上京区相国寺門前町701)

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください