乗鞍岳の紅葉2018現在の情報は?見頃時期やライブカメラも

乗鞍岳の紅葉のアイキャッチ画像

23の峰が連なる乗鞍岳は、山頂付近から始まる紅葉が日ごとに山肌を降りてくる美しさを楽しめるスポットとして有名な名所です。

辺り一面、鮮やかな赤・黄・緑で埋め尽くされ、目を奪われる美しさが広がります。

紅葉が見ごろを迎える時期に合わせて、期間限定のシャトルバスも運行するなど見どころが満載です。

乗鞍岳の紅葉の見ごろやシャトルバスの運行に関しての情報をご紹介します。

Sponsored Link

乗鞍岳の紅葉の見ごろはいつ?

乗鞍岳の紅葉

乗鞍岳の紅葉

乗鞍岳の紅葉の見ごろは、例年9月下旬~10月上旬です。

9月の中旬頃から徐々に紅葉が始まります。

(もちろん、年によって異なるのであくまでも目安です。)

 

標高3026mの乗鞍岳山頂付近から紅葉が始まり、日に日に下がってきます。

 

2018年現在の紅葉の色づき状況は?ライブカメラもあり

乗鞍岳の紅葉

乗鞍岳の紅葉

現在の紅葉の色づき具合を知るならTwitterやInstagramで一般の人を含むユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の紅葉の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「乗鞍岳 紅葉」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#乗鞍岳」の検索結果

 

ライブカメラを確認するのもおすすめです。

↓ ↓ ↓

ライブカメラ

 

乗鞍岳はどんなところ?

場所:長野県松本市・岐阜県高山市にまたがる

 

登山客が多いことでも知られる乗鞍岳。

山頂から順に紅葉が始まり、キレイな自然の風景が楽しめることで人気を集めている名所です。

「カラマツ・ナナカマド・ダケカンバ・シラビソ」といった種類の木々が紅葉し、美しい赤や黄色のコントラストで辺り一面を鮮やかに彩ります。

 

アクセス・駐車場の情報

アクセス:ほおのき平駐車場・松本市安曇鈴蘭地区からバスかタクシーでの移動。
※マイカー規制がかかるため、バスかタクシーに乗り換える必要があります。

駐車場:料金無料

 

シャトルバスの運行について

Sponsored Link

シーズン中は乗鞍山頂(畳平)シャトルバスが運行するので、色んな角度から景色を楽しむことが出来ます。

2018年の運行情報についてご紹介します。

 

運行期間:7月1日~10月31日

料金:片道 1,450円~1,250円/往復 2,500円/子供 半額料金

駐車場:有り(バス停ごとに駐車場が設けられています。)

乗車場所:乗鞍観光センター前~標高2716m(日本一高い所にあるバス降り場)
※バスの運行は1時間に1本間隔ですが、混雑が見られる時は増便もあります。

 

シーズン中の混み具合は?

シーズン中は毎年、駐車場と乗鞍岳へと向かうシャトルバスの混雑が見られます。

2018年もおそらく例年と同じポイントが混み合います。

マイカー規制があるので、駐車場からの交通手段となるシャトルバスの混雑はさけられないでしょう。

待ち時間が発生する覚悟で、気持ちに余裕を持って行くことをおすすめします。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください