上高地の紅葉の見頃時期は?2018現在の状況確認はライブカメラで


長野県にある上高地は標高1500mの場所に位置し、北アルプス穂高連峰の麓に広がっています。

紅葉が見ごろの時期には、多くの登山者や観光客で賑わう有名な紅葉スポットです。

梓川沿いには遊歩道が敷かれており、散策しながら紅葉を楽しむことが出来ます。

上高地での紅葉の見ごろや上高地についての情報をご紹介。

Sponsored Link

上高地の紅葉の見ごろはいつ?

上高地の紅葉の見ごろは、例年10月中旬~10月下旬ごろです。

10月の初めあたりから色づき始めます。

 

2018年現在の紅葉の色づき状況は?ライブカメラがおすすめ

Sponsored Link

現在の紅葉の色づき具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の紅葉の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「上高地 紅葉」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#上高地」の検索結果

 

また、ライブカメラで複数の場所の状況を確認できるので覗いてみることをおすすめします。

↓ ↓ ↓

上高地のライブカメラ情報

 

上高地はどんなところ?

場所:長野県松本市安曇 上高地

 

上高地は年間約200万もの人が足を運ぶ、日本の代表的な山岳景勝地です。

秋には素晴らしい紅葉を様々な位置から観賞できることで人気を集めており、毎年多くの観光客が訪れます。

梓川沿いには歩きやすい遊歩道が敷かれ自由に散策できます。

また、シーズン中しか観ることの出来ない池と紅葉のコントラストが魅力的。

 

営業時間:午前5時~午後7時(7月・8月は20時まで)

アクセス:松本ICより上高地方面へ約70分~松本電鉄バスで40分

駐車場:有り/平湯駐車場・沢渡駐車場 ※マイカーがあるため駐車場から徒歩となります。

 

おすすめの絶景ポイントは?

遊歩道を散策しながら美しい紅葉が望めるハイキングが人気です。

中でも「大正池・河童橋・明神池」がおすすめのポイント。

 

シーズン中の上高地は、カラマツが美しい紅葉を見せ黄金色で覆われます。

自然が作り出す紅葉と空や水面の青色とのコントラストはまさに絶景。

大正池の水面に映り込む紅葉は大迫力です。

 

ポイントごとの所要時間

ウォーキングコースのポイントごとの所要時間をご紹介します。

ポイントごとで違った紅葉の魅力があり晴々とした天気が良い日は特に絶景が広がります。

  • 大正池~田代池 20分
  • 田代池~田代橋 15分
  • 田代橋~河童橋 20分
  • 河童橋~明神橋・往復 2時間15分

 

 

明神池お船まつり開催について

毎年10月8日に行われる穂高神社奥宮例大祭。

 

2艘の船が池に浮かび静かに周遊するところを見ることが出来ます。

2017年はおよそ300人が訪れました。

 

2018年のお船まつり開催についての情報をご紹介します。

 

  • 場所:上高地明神池
  • 開催日:2018年10月8日(月曜日)
  • 開催時間:午前11時~
  • 参拝料:開催中は参拝料が無料

 

上高地までのアクセス方法について

上高地までのアクセスについてですが、マイカーで上高地の中心までは進むことが出来ません。

車で行く際は、沢渡・平湯どちらかの駐車場に車を置き、そこからは徒歩で向かいます。

東京や大阪方面から足を運ぶ際は、直行バスで上高地まで向かうのが最もおすすめです。

また、電車で行くのは面倒な乗り継ぎが発生するのであまりおすすめできません。

 

駐車場情報

平湯駐車場:1日600円/約850台の収容スペース
沢渡駐車場:1日600円/約2000台の収容スペース

 

 

駐車場の詳細は下記リンク先で確認できます。

↓ ↓ ↓

上高地へのアクセス

 

紅葉シーズン中の混雑について

例年、紅葉の見ごろの時期の上高地では、かなりの混雑が見られます。

年間を通して人気があり多くの人が訪れていますが、秋の紅葉が見ごろの時期は1年の中でも特に観光客が殺到します。

2018年も混雑はさけられないでしょう。

 

シーズン中は土日や祝日の混雑が目立ち、昼前にはすでに駐車場は満車状態です。

少しでも混雑を避けたいのであれば土日を避け、平日のできるだけ朝の早い時間に行くことをおすすめします。

 

平日は週末ほど混雑も見られず駐車場も空きがあることが多いです。

また、交通手段は、東京・名古屋・大阪から出る直行バスを利用するのが一番混雑を避けられる方法です。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください