京都で縁結び・恋愛成就の石がある神社はどこ?場所と参拝時間を紹介

京都縁結びの石の場所アイキャッチ

京都には縁結びにご利益がある神社がたくさんありますが、

その中で「離れた場所にある2か所の石から石へたどり着けたら恋が叶う」と言われている石がある神社があります。

 

当記事では、その石がある場所と参拝時間を紹介します。

Sponsored Link

恋が叶う石がある神社と具体的な場所はどこ?

恋占いの石

恋占いの石

「石から石へたどり着けたら恋が叶う」と言われている石は”恋占いの石”と呼ばれています。

 

恋占いの石は、地主神社(じしゅじんじゃ)にあります。

 

地主神社は清水寺境内の北側にあります。

 

 

地主神社には清水寺境内を通って参拝するしかありません。

地主神社の境内入口

地主神社の境内入口

清水の舞台を抜けると地主神社の境内入口があります。

 

 

 

地主神社の階段

地主神社の階段

境内入口の階段を上った先には、縁結びのご利益がある大国主命(おおくにぬしのみこと)と因幡の白兎の像があります。

 

この像の前の階段を上ると、恋占いの石があります。

 

 

2つの恋占いの石

2つの恋占いの石

手前と奥の赤丸が2つの恋占いの石です。

 

奥の方の石が見えづらいので、近づいて撮影したのが次の写真。

恋占いの石(奥の方の石)

恋占いの石(奥の方の石)

地主神社の境内はそれほど広くないので、恋占いの石の場所がわからずに迷うことはありません。

 

石で恋占いができる時間は?

Sponsored Link

地主神社の参拝時間は、午前9時00分から午後5時00分です。

 

恋占いの石の恋占いは無料ですが、石から石へ歩いている他の参拝者がいる場合は、少し待ち時間が発生します。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください