奈良公園の桜2019現在の開花状況や見ごろ時期!ライトアップなし


歴史ある文化遺産が隣接していることで知られる奈良公園。

春には桜の観賞を楽しめるスポットとしても人気を集めています。

 

園内にはヤエザクラややソメイヨシノを始め種類豊富な桜が植えられており、その本数はおよそ1700本にもなります。

奈良県内のみならず県外からも観光に訪れる人が多い有名な名所です。

 

桜の見頃やシーズン中の混雑についての情報などをご紹介。

Sponsored Link

桜の見頃はいつ?3月下旬~4月上旬

奈良公園の桜の見ごろの目安は、3月下旬~4月上旬頃。

奈良のほかの桜のスポットと同じ時期です。

 

今現在の桜の開花情報は?

 

複数のサイトで開花情報を比較すると良いでしょう。

 

奈良公園は【さくら名所100選】に選定されているスポット

Sponsored Link

奈良公園は、鹿を間近で見られる観光スポットとして知られていますが、「公益財団法人 日本さくらの会」による「日本さくら名所100選」に選ばれていて、奈良県内で人気を集める桜の観光スポットでもあります。

 

ちなみに奈良県内で「日本さくら名所100選」に選定されている場所は、奈良公園のほかに

  • 郡山城址公園(大和郡山市)
  • 吉野山(吉野郡吉野町)

です。

 

桜の本数が圧倒的に多いのは吉野山。

郡山城跡公園は、城の堀の周りにある桜が、石垣や建物などとマッチする様子が魅力的です。

 

奈良公園は、周囲に東大寺、興福寺、春日大社などの奈良で代表的な観光スポットが密集している場所にあることや、

近畿日本鉄道やJRの駅からも近く、飲食店も多い利便性が良いです。

 

 

奈良公園の桜の種類は?本数は約1700

園内には「ヤエザクラ・ココノエザクラ・ソメイヨシノ・シダレザクラ・ヤマザクラ・ヒガンザクラ」などの桜があります。

桜の本数は合わせて約1700本。

 

夜間は桜のライトアップなし!浮御堂は点灯あり

奈良公園では、桜シーズンに特別なライトアップはありませんが、浮見堂などの建物へのライトアップは年間を通して実施されています。

夜間点灯される建物周辺に植えられている桜は、一緒に照らされるので、そこでは夜桜も楽むことができます。

 

桜のシーズン中の混雑状況は?

通年人気があるスポットだけに日々多くの人が訪れますが、桜が見ごろのシーズンは最も訪れる人が多く混雑が見られます。

シーズン中でも週末の天気が良い日は、特に来園客が殺到します。

 

また、交通機関については奈良駅から徒歩10分ほどの場所にあるので、駅からは歩いて行くのが一番おすすめです。

車で行きたい場合は少しでも混雑をさけられるよう、土日を避けて午前中の早い時間から向かうのが良いでしょう。

 

駐車場:有り/有料

アクセス:「奈良駅より徒歩で約10分」「宝来ICより車で約15分」「天理ICより車で約20分」

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください