平安神宮の桜2018の見頃時期や開花状況!ライトアップ期間も

平安神宮の桜のアイキャッチ画像

平安神宮は社殿や神苑が雅やかな雰囲気で魅力的な人気観光スポット。

桜の季節は神苑の桜が美しく、観桜におすすめです。

コンサートを聴きながらのライトアップ夜間拝観も実施されます。

平安時宮の桜の見頃や開花状況について紹介します。

Sponsored Link

 

↓京都の桜のおすすめスポットランキング

京都・平安神宮の桜の見頃の時期はいつ?

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の桜の花が咲き始めるのが例年3月中旬以降。

桜の見頃は例年3月下旬から4月上旬です。

 

2018年(平成30年)の平安神宮の桜の見頃と現在の情報は?

Sponsored Link

平安神宮のブログで桜の開花情報が発信され、咲き具合を確認できます。

平安神宮のブログ「はんなり便り」

 

 

現在の平安神宮の桜の咲き具合を知るならTwitterで一般のユーザーが投稿した画像も参考になります。

ただし、投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らない(今年の桜の画像ではない可能性がある、ツイートの数日前に撮影された画像が投稿されている可能性もある)ので、複数のツイートを確認するなど注意しなければなりません。

 

Twitter「平安神宮 桜」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

(桜の花とは無関係のツイートも拾ってしましますが…。)

 

 

桜の時期の平安神宮の拝観情報は?夜間拝観ライトアップもある

平安神宮白虎楼の桜

平安神宮白虎楼の桜

平安神宮は大極殿(外拝殿)の前にある「左近の桜」が見どころ。

 

平安神宮大極殿の右近の橘と左近の桜

平安神宮大極殿の右近の橘と左近の桜

上の画像の左側の四角が「右近の橘」、右側の四角が「左近の桜」。

 

平安神宮の左近の桜

平安神宮の左近の桜

左近の桜を含む境内の参拝は無料ですが、神苑の桜もきれいです。

神苑は有料ですが、平安神宮に花見に行くなら神苑に必ず行くことをおすすめします。

 

 

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の神苑の桜

神苑内は池や緑があります。

 

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の神苑の桜

神苑の東側にある池の周辺が特にきれい。

 

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の神苑の桜

平安神宮神苑の泰平閣(橋殿)の桜

平安神宮神苑の泰平閣(橋殿)の桜

一番のビューポイントは泰平閣(橋殿)の桜。

 

神苑の拝観時間は季節によって変動します。

平安神宮の神苑の拝観情報

  • 拝観時間:午前830午後530分です。
         (上記は桜の開花時期が含まれる3月15日~9月30日)
  • 拝観料 :600円

平安神宮の神苑では、夜間に桜のライトアップが実施されます。

ライトアップはあるのですが、平安神宮のものは音楽コンサートを聞きながら神苑の桜を観賞する「紅しだれコンサート2018」というものです。

 

平安神宮 紅しだれコンサート2018 の期間や時間は?

紅しだれコンサートの桜

紅しだれコンサートの桜

平安神宮の2018年の紅しだれコンサート

  • 開催期間  :2018年4月5日(木)~4月8日(日)
  • 開催時間  :午後6時15分~午後9時00分(最終入場は午後8時30分)

 

毎夜、演奏が2回あります。

  • 1回目の時間:午後6時40分~午後7時20分
  • 2回目の時間:午後7時50分~午後8時30分

(入れ替えを行わずに回遊式で実施。客席なし。1回目と2回目の演奏内容は基本的に同じ。)

 

演奏者は下記の通り。

  • 4月5日(木):東儀秀樹さん(雅楽師)
  • 4月6日(金):宮本笑里さん(ヴァイオリニスト)
  • 4月7日(土):藤原道山さん(尺八演奏家)
  • 4月8日(日):DEPAPEPEさん(アコースティックギターデュオ)

 

チケット料金(小学生以上が有料)

  • 一人  :2000円

1700円の前売り券もあり。

詳細は下記リンク先をご覧ください。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2018benishidare/

紅しだれコンサートの桜

紅しだれコンサートの桜

 

↓京都の桜のライトアップが実施される観光スポット一覧

桜の時期の平安神宮の拝観所要時間と混雑は?

平安神宮の神苑の桜

平安神宮の神苑の桜

神苑を含む平安神宮の普段の拝観所要時間の目安は40分です。

 

桜の時期は混雑しますし、普段より写真を撮る人も多いのではないでしょうか。

それらの時間を含めて所要時間は、60分くらいと見ておくといいかもしれません。

 

平安神宮に日中に行くなら、朝早い時間帯に行く方が良いです。

 

平安神宮周辺に駐車場は複数あります。

ですが、桜の時期の京都は大渋滞しますし、平安神宮近辺も混みますので、車での移動はおすすめしません。

道路が渋滞するので路線バスの利用もあまりすすめません。

 

最寄り駅にあたる地下鉄東西線の東山駅や、次に最寄りの京阪電鉄の三条駅まで電車で移動して、そこから徒歩でアクセスすることをおすすめします。

 

平安神宮の大鳥居の前の桜

平安神宮の大鳥居の前の桜

神宮通りに平安神宮の大鳥居があります。

(画像中央奥に朱色の鳥居の一部が写っています。)

その前にある川沿いの桜もきれいです。

 

平安神宮大鳥居の前にある橋から

平安神宮大鳥居の前にある橋から

曇り空ですが、夕日もよく見えます。

 

↓京都の桜の名所の一覧

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です