新潟県ひまわり畑のおすすめ名所2018!開花状況や見頃時期


新潟県内にある向日葵(ひまわり)の名所と見ごろの時期を紹介しています。

わかる範囲で2018年の開花情報を確認できるようにまとめているので、気になるスポットがあれば咲き具合を確認してみてください。

Sponsored Link

新潟県のひまわりのおすすめスポット

小川のひまわり(新潟県佐渡市)

青い海をバックに競うように咲く一面のひまわりの花に思わず車を停めて立ち寄りたくなる絶景ポイントです。

海風も心地よく、夏の佐渡でしか見られないこの景色を見ようと毎年多くの人が訪れます。

例年の見ごろは7月下旬から8月中旬です。

 

現在のひまわりの咲き具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年のひまわりの画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「佐渡島 ひまわり」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#小川のひまわり畑」の検索結果

 

つくしファームひまわり畑(新潟県上越市)

つくしファームひまわり畑は社会福祉法人 上越つくしの里医療福祉協会がひまわりを通じて夏休みの思い出作りや障がい者福祉及び高齢者福祉など、社会福祉について理解を深めてほしいという願いを込めて作られたひまわり畑です。

 

例年の見ごろは8月上旬から8月中旬です。

2018年8月4日(土)には越後ひまわり祭も開催されます。

 

SNSで開花情報を確認するならこちら

↓ ↓ ↓

Twitter「つくしファーム ひまわり」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#つくしファームひまわり畑」の検索結果

 

Sponsored Link

なじょもんひまわり畑(新潟県中魚沼郡津南町)

農と縄文の体験実習館「なじょもん」の敷地内に広がる、広大なひまわり畑です。

15000㎡の畑に15万本のひまわりが咲き誇る様は圧巻です。

 

見ごろを迎える夏には、大勢の見物客で賑わいます。

例年の見ごろは8月上旬から8月中旬です。

 

SNSで開花情報を確認するならこちら

↓ ↓ ↓

Twitter「なじょもん ひまわり」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#なじょもん」の検索結果

 

津南ひまわり広場(新潟県中魚沼郡津南町)

広大な畑の中に、さんさんと夏の太陽を浴びて咲き誇るひまわりの姿は感動もの。

第1畑~第3畑まであり、種まきの時期をずらしているので、約4週間にわたり全部で約50万本のひまわりを楽しむことができます。

 

例年の見ごろは7月下旬から8月中旬です。

 

SNSで開花情報を確認するならこちら

↓ ↓ ↓

Twitter「津南ひまわり広場」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#津南ひまわり広場」の検索結果

 

新潟県のひまわりの名所マップ

下記の場所にマップピンを立てています。

  • 小川のひまわり(新潟県佐渡市)
  • つくしファームひまわり畑(新潟県上越市)
  • なじょもんひまわり畑(新潟県中魚沼郡津南町)
  • 津南ひまわり広場(新潟県中魚沼郡津南町)

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください