熱海梅園の紅葉2018現在の状況や見頃時期!ライトアップあり


静岡県の熱海市にある熱海梅園は、梅が早咲きを見せることで有名ですが、美しい紅葉が見ごろの時期には沢山の来園客が訪れます。

紅葉が見ごろの時期には、夜間のライトアップやもみじ祭りの開催があり多くの人で賑わいを見せます。

熱海梅園の紅葉の見ごろや、もみじ祭りの情報をご紹介します。

Sponsored Link

熱海梅園の紅葉の例年の見ごろはいつ?

熱海梅園の紅葉は、11月の中旬頃から徐々に色付き始めます。

見ごろは、例年11月下旬~12月上旬です。

(あくまでも目安です。)

 

熱海梅園の紅葉の見ごろは、比較的遅い時期に楽しむことが出来ます。

 

2018年現在の紅葉の色づき情報は?

Sponsored Link

現在の紅葉の色づき具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像が参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の紅葉の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「熱海梅園 紅葉」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#熱海梅園」の検索結果

 

熱海梅園のスポット情報

場所:静岡県熱海市梅園町8-11

 

早咲きの梅が有名である熱海梅園ですが、日本の中でも遅い時期に紅葉を楽しめるスポットとしても知られています。

園内には約380本のもみじが植えられており、紅葉の時期には美しい表情を見せてくれます。

 

定休日 :年中無休

入園料 :無料

駐車場 :有り/普通車300円(100台の収容スペース)

 

 

熱海梅園までのアクセス方法

  • JR熱海駅~バスで相の原団地行き~梅園下車
  • JR来宮駅より徒歩で約10分
  • 西湘バイパス石橋ICより車で約40分

 

もみじ祭りの開催情報

紅葉が見ごろの時期に合わせて毎年開催されるもみじ祭り。

毎年さまざまな催しが企画され沢山の人で賑わいます。

 

 

2018年のもみじまつり開催概要

開催場所:熱海梅園

開催期間:2018年11月17日(土)~12月9日(日)

駐車場:有り「午前9時~午後5時 300円」「午後5時~午後9時 無料」

イベント:「足湯」「甘酒無料サービス」「限定まんじゅう販売」「プチ演奏会」「フォトコンテスト」など

※駐車場情報やイベント内容は2017年の実績をもとに記載しているので、異なる可能性があります

まつり開催中は、毎日足湯を楽しめる企画や無料で甘酒サービスがあるなど、子供から大人まで楽しめる催しが満載。

 

夜間にはライトアップあり

もみじ祭り開催中は、夜間のライトアップも開催されます。

昼に見る景色と違った美しさがあり、夜に見る紅葉は幻想的な世界を作り出します。

 

2018年の紅葉ライトアップの開催概要

点灯期間:2017年11月17日(土)~12月9日(日)

点灯時間:午後4時00分~午後9時 ※予定

 

見ごろが晩秋ということもあり、冷え込むことが考えられます。

 

昼間は駐車場代がかかりますが、午後5時からのライトアップの時間は無料で駐車場を利用することができます。

夜間のライトアップに訪れる際は、昼間より暖かい格好で行くのがよいでしょう。

 

もみじ祭り開催中の混み具合は?

もみじ祭り開催中は、例年梅園の周辺で混雑が見られます。

駐車場はありますが約100台の収容スペースと少なめです。

おそらく2018年も梅園周辺はかなり混雑するでしょう。

 

スムーズに向かうには、交通機関を利用するのがおすすめです。

駅から熱海梅園まで行けるバスも運行しているので、駐車場の待ち時間なども気にせずに足を運ぶ事が出来ます。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください