千葉県あじさい寺・紫陽花の名所2019の見頃時期や開花状況

あじさいのアイキャッチ画像

千葉県内にある紫陽花(あじさい)の名所と見ごろの時期を紹介しています。

開花情報を確認できるようにまとめているので、気になるスポットがあれば咲き具合を確認してみてください。

取り上げたスポットの場所を示した地図も掲載。

Sponsored Link

▼関東地方【紫陽花】の名所情報

▼関東地方以外【紫陽花】の名所情報

▼千葉県【ひまわり】の名所情報

千葉県のあじさいのおすすめスポット

あけぼの山農業公園(千葉県柏市)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あけぼの山農業公園さん(@akebonoyama)がシェアした投稿

▲過去の年の紫陽花のようす

 

カシワバアジサイ、スミダノハナビ、オタフクアジサイなど約500本のあじさいが植えられています。

おもに本館下の白百合の滝付近から資料館横の路で見ることができます。

 

 

例年の見ごろは5月下旬~6月下旬です。

 

開花状況は、あけぼの山農業公園のウェブサイトトップページの「園内の見どころ情報」のコーナーに掲載されます。

また、あじさいに関する投稿は少なめですが、あけぼの山農業公園のFacebook・Instagramでも開花情報が発信されています。

 

 

現在のあじさいの咲き具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像も参考になります。

 

▼ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

Twitter「あけぼの山農業公園 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#あけぼの山農業公園」の検索結果

 

 

本土寺(千葉県松戸市)

 

本土寺は、別名「あじさい寺」として親しまれている日蓮宗の由緒あるお寺です。

境内には茶室もあり、6月上旬には5,000本の花菖蒲、6月下旬にかけては10種以上5万本のあじさいを鑑賞することができます。

 

 

例年の見ごろは6月上旬~6月下旬です。

 

開花情報は本土寺のブログで発信されます。

過去には、「まいぷれ」のサイト上でも本土寺の紫陽花の開花情報が記載されていたので、念のためこちらも確認すると良いでしょう。

 

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「本土寺 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#本土寺」の検索結果

 

宗吾霊堂(千葉県成田市)

大本堂裏手に7,000株のあじさいが育てられている広大なあじさい園があります。

 

在来アジサイをはじめ、ガクアジサイや柏葉アジサイなどが植えられています。

とくに柏葉アジサイがたくさん植えられており、柏葉アジサイの名所となっています。

 

6月に東日本大震災復興支援・宗吾霊堂紫陽花まつりが開催されています。

 

 

例年の見ごろは6月上旬~6月下旬です。

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「宗吾霊堂 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#宗吾霊堂」の検索結果

 

Sponsored Link

日蓮宗本山 日本寺(千葉県香取郡多古町)

 

大杉に囲まれた日本寺の森に、ガクアジサイを中心に約150種類1万株のあじさいが植えられています。

 

散策路脇やあじさい庭園では、ここでしか見られない珍しい品種を鑑賞することができます。

 

 

例年の見ごろは6月上旬~7月上旬です。

 

日本寺(日蓮宗本山 多古町)のfacebookにあじさいの開花状況が掲載されることがあります。

 

▼紫陽花の開花情報【日本寺】

日本寺 Facebook

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「日本寺 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#日本寺」の検索結果

 

あじさい公園・あじさい遊歩道(千葉県香取郡多古町)

▲過去の年の紫陽花のようす

 

多古町の中心を流れる栗山川沿い約1.2kmの堤防に、1万株のあじさいが植えられ、あじさい遊歩道として親しまれています。

紫、白、薄紅色のあじさいが咲き競う時期には「ふるさと多古町あじさい祭り」も開催されます。

 

周辺には、道の駅「多古あじさい館」があります。

 

 

例年の見ごろは6月~7月です。

 

開花状況は、道の駅「多古あじさい館」のライブカメラでリアルタイムの状況が確認できます。

 

▼紫陽花の開花情報【あじさい公園・あじさい遊歩道】

道の駅多古 あじさい館

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「道の駅 多古 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「道の駅 多古 あじさい館」の検索結果

 

昭和の森(千葉県千葉市)

展望台近くの紫陽花園にガクアジサイやセイヨウアジサイが植えられています。

約3,000株のうち約8割がガクアジサイです。

 

まずセイヨウアジサイが6月中旬から見頃を迎え、次にガクアジサイが徐々に色づき、紫陽花園全体が彩を増していきます。

 

 

例年の見ごろは6月中旬~7月上旬。

 

あじさいの開花状況は、千葉市昭和の森ホームページの「新着情報」のコーナーに掲載されます。

 

▼紫陽花の開花情報【昭和の森】

千葉市(昭和の森)

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「昭和の森 千葉市 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「千葉市 昭和の森」の検索結果

 

東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)

5万平方メートルの広大なエリアに咲き誇る約3万株のあじさいを見ることができます。

開花の時期が重なるキンギョソウとのコントラストも見応えがあります。

 

 

例年の見ごろは6月中旬~7月上旬です。

 

開花の様子は東京ドイツ村のウェブサイト「フラワーフェスティバル」のページに掲載されます。

 

▼紫陽花の開花情報【東京ドイツ村】

東京ドイツ村(フラワーフェスティバル)

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「東京ドイツ村 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#東京ドイツ村」の検索結果

 

服部農園あじさい屋敷(千葉県茂原市)

東京ドーム2.7個分の広大な敷地に、およそ300品種、1万株以上のあじさいが群生しています。

広大な山の斜面を色とりどりのあじさいが彩る様子は壮観です。

 

 

例年の見ごろは6月上旬~7月上旬です。

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「服部農園あじさい屋敷 アジサイ」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「服部農園あじさい屋敷」の検索結果

 

野見金公園(千葉県長生郡長南町)

園内にはさまざまな植物が植えられており、梅雨時は山の斜面に咲く色彩豊かなあじさいが人々の目を楽しませています。

 

毎年6月中旬に開催される、紅花・アジサイ・日本名水百選を無料シャトルバスで巡る「ぐるっと長南花めぐり」のコースにも含まれています。

 

例年の見ごろは6月上旬~6月下旬。

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「野見金公園 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#野見金公園」の検索結果

 

いちはらクオードの森(千葉県市原市)

▲過去の年の紫陽花のようす

 

「ちば眺望100景」にも選ばれているスポットです。

あじさい園では大株のあじさいが大輪の青い花をつけ里山を彩ります。

 

5月下旬から菖蒲園に咲くハナショウブとともに楽しむことができます。

 

例年の見ごろは6月上旬~6月下旬です。

 

いちはらクオードの森のfacebookに開花状況が掲載されることがあります。

 

▼紫陽花の開花情報【いちはらクオードの森】

いちはらクオードの森 Facebook

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「いちはらクオードの森」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋) 

Instagram「#いちはらクオードの森」の検索結果

 

 

マザー牧場(千葉県富津市)

場内には約2,000株のあじさいが植えられていますが、「フルーツ農園」付近の遊歩道や、「あじさい園」がおすすめの場所です。

ホンアジサイ、ガクアジサイ、アナベル、柏葉アジサイ、紅、七段花、アマチャなど、さまざまな種類のあじさいが色彩豊かに咲き誇ります。

 

例年の見ごろは6月中旬~7月中旬。

 

マザー牧場ウェブサイトトップページの「ピックアップ」のコーナーに開花状況が掲載されることがあます。

気になる方は、あじさいの時期が来たら確認してみることをおすすめします。

 

▼紫陽花の開花情報【マザー牧場】

マザー牧場

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「マザー牧場 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#マザー牧場」の検索結果

 

麻綿原高原(千葉県夷隅郡大多喜町)

標高340mの麻綿原高原は、関東随一のあじさいの名所として知られ、妙法生寺境内の天拝園を中心に約2万株のあじさいが群生しています。

品種は白から青へと変化する和種のみで、素朴な美しさが魅力です。

 

例年の見ごろは7月上旬~7月下旬で、気温差により平地での見ごろより遅めです。

 

シーズン中は大多喜町環境協会のウェブサイト「麻綿原あじさい開花状況」のページに開花状況が掲載されます。

 

▼紫陽花の開花情報【麻綿原高原】

大多喜町観光協会(麻綿原 あじさい 開花状況)

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「麻綿原高原 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#麻綿原高原」の検索結果

 

花野辺の里(千葉県勝浦市)

 

3万坪の敷地内に四季折々の植物が育てられています。

早咲きの黒姫紫陽花から遅咲きの十二単まで、およそ1万株のあじさいを長い期間楽しむことができます。

 

 

シーズンは長く、例年の見ごろは5月中旬から7月中旬です。

 

あじさいが咲き始めると花野辺の里のウェブサイト「花野辺の里だより」のページに開花状況が掲載されます。

 

▼紫陽花の開花情報【花野辺の里】

花野辺の里だより

 

 

▼SNSで開花状況を確認する

Twitter「花野辺の里 あじさい」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#花野辺の里」の検索結果

 

千葉県のあじさいの名所マップ

下記の場所にマップピンを立てています。

  1. あけぼの山農業公園(千葉県柏市)
  2. 本土寺(千葉県松戸市)
  3. 宗吾霊堂(千葉県成田市)
  4. 日本寺(千葉県香取郡多古町)
  5. あじさい公園・あじさい遊歩道(千葉県香取郡多古町)
  6. 昭和の森(千葉県千葉市)
  7. 東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)
  8. 服部農園あじさい屋敷(千葉県茂原市)
  9. 野見金公園(千葉県長生郡長南町)
  10. いちはらクオードの森(千葉県市原市)
  11. マザー牧場(千葉県富津市)
  12. 麻綿原高原(千葉県夷隅郡大多喜町)
  13. 花野辺の里(千葉県勝浦市)

 

▼関東地方【紫陽花】の名所情報

 

▼関東地方以外【紫陽花】の名所情報

 

▼紫陽花のシーズンが終われば【ひまわり】の季節です

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください