ハーベストの丘のひまわりフェスタ2018!見頃期間や開花状況


大阪府堺市にあるハーベストの丘では、四季を通じでさまざまな花を楽しむことができます。

夏にはひまわりが咲き誇り、その様子は一見の価値があります。

8月上旬から中旬には「ひまわりフェズタ」が開催されます。

2018年の「ひまわりフェスタ」の開催概要と開花時期を紹介します。

Sponsored Link

ハーベストの丘のひまわりの見ごろはいつ?

村の花畑エリアでは6万本を超えるひまわりが広がっています。

例年の開花時期は8月上旬から中旬。

 

開花時期にあわせて「ひまわりフェスタ」をはじめ、いろいろなイベントが開催されています。

 

2018年現在のひまわりの開花情報は?

ひまわりの開花情報はハーベストの丘のFacebookやTwitterで発信されます。

↓ ↓ ↓

ハーベストの丘のFacebook

ハーベストの丘のTwitter

 

 

現在のひまわりの咲き具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像も参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年のひまわりの画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「ハーベストの丘 ひまわり」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#ハーベストの丘」の検索結果

 

ひまわりフェスタ2018の開催概要

Sponsored Link

開催期間:2018年8月1日(水)~8月16日(木)

入園料 

  • 大人(中学生以上) :900円
  • こども(4歳以上)  :500円
  • シルバー(65歳以上):600円
  • 学生(中学、高校、大学、専門学校、短大):600円

※冬期間12月~2月の入園料は大人500円、こども300円となっています。

 

 

ひまわりフェスタの一部期間に花火あり

2017年のひまわりフェスタ期間中は

  • ひまわりの摘み取り体験
  • 土日には黄色いバンダナをつけて来園するとシャーベットがもらえるイベント

が実施されました。

 

ひまわり畑のすぐそばのじゃぶじゃぶ池ではお子様が水遊びを楽しむことができます。

 

ひまわりフェスタと一部重なる時期に、花火の打ち上げがあります。

 

2018年の打ち上げ花火の日時

  • 日程:2018年8月12日(日)~14日(火)の3日間
  • 時間:19時45分~

花火は園内でうちあげられるため、すぐ近くで観覧することができます。

 

ハーベストの丘への車でのアクセス方法は?無料駐車場あり

阪和道から:阪和自動車道「堺IC」を出て最初の交差点を左折し約7km、泉北2号線(府道61号線)を南へ15分進むと到着します。

阪神高速湾岸線から:阪神高速湾岸線「助松JCT」から堺・泉北有料道路へ入り、料金所出てすぐの「太平寺出口」を出て、すぐの交差点「平井大橋」を右折し、南へ約7km、泉北2号線(府道61号線)を15分進むと到着します。

外環状線(府道170号線)から:福瀬町東の交差点を右折(岸和田方面からお越しの場合は左折)、旧道に入り横山小学校前交差点右折、別所の交差点を右折します。

 

ハーベストの丘には1800台の無料駐車場があります。

 

ハーベストの丘までの電車・バスの行き方!最寄り駅はどこ?

ハーベストの丘への公共交通機関でのアクセス方法を紹介します。

最寄駅は泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」です。

泉ヶ丘駅からバスターミナル6番乗り場「ハーベストの丘」行 南海路線バスにて約20分で到着します。

 

ハーベストの丘の混雑状況

夏休み期間中は入園に多少時間がかかることがあります。

しかし、園内は広いので入園したあとは混雑はそれほど気にならず、ゆっくりと楽しむるはずです。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください