興福寺の御朱印帳のサイズや値段は?種類は南円堂や阿修羅など

興福寺中金堂再建記念の限定御朱印帳

興福寺で販売されている御朱印帳の値段やサイズ、販売場所について触れています。

Sponsored Link

2018年10月20日から拝観可能になった中金堂を参拝してきた

↓ ↓ ↓

奈良・興福寺のオリジナル御朱印帳の販売場所は?

興福寺南円堂前の納経所

興福寺南円堂前の納経所

興福寺東金堂前の勧進所

興福寺東金堂前の勧進所

オリジナル御朱印帳の販売場所は南円堂の前の授与所と、東金堂の向かい側にある勧進所です。

(2017年6月現在)

 

上に掲載した画像の赤丸で示した場所です。

 

興福寺の拝観時間は午前9時00分~午後5時00分なので、御朱印帳を購入できる時間も基本的にこれとほぼ同じ。

 

興福寺オリジナル御朱印帳の種類は?

Sponsored Link

瓦の模様の御朱印帳

  • サイズ:16cm×11cm
  • 価格:1000円

同じ柄の色違いがあります。

 

 

五重塔が描かれた御朱印帳

  • サイズ:18cm×12cm
  • 価格:1200円

五重塔と南円堂(北円堂?)が描かれた御朱印帳です。

同じ柄の色違いがあります。

 

 

阿修羅の衣の柄の御朱印帳

私の見落としでしょうか?

阿修羅の衣の柄の御朱印帳は見当たりませんでした。

 

中金堂再建記念の限定御朱印帳

興福寺中金堂再建記念の限定御朱印帳

興福寺中金堂再建記念の限定御朱印帳

  • サイズ:16cm×11cm
  • 価格 :1000円

興福寺中金堂の再建を記念して頒布されて御朱印帳だそう。

 

画像のものは藤色ですが、色違いで青色もあります。

画像では外していますが、表紙・裏表紙を保護する透明のカバーもついています。

 

表紙は、南円堂。

裏表紙は、中金堂です。

南円堂本尊御影(興福寺中金堂再建記念の限定御朱印帳)

南円堂本尊御影

表紙を開くと、興福寺の概要と南円堂の本尊・不空羂索観音坐像が描かれています。

 

阿修羅像御影(興福寺中金堂再建記念の限定御朱印帳)

阿修羅立像御影

裏表紙を開いたところには、国宝館で拝観できる阿修羅立像。

 

 

西国三十三所専用やその他の御朱印帳

興福寺で販売されているのはオリジナルの御朱印帳だけではありません。

 

西国三十三所観音霊場専用の御朱印帳や興福寺のオリジナルではない御朱印帳もあります。

 

 

 

興福寺南円堂は西国三十三所の第9番札所ということで、興福寺では西国三十三所観音霊場専用の御朱印帳が販売されています。

 

販売場所は南円堂前の授与所のみです。

 

西国三十三所専用の御朱印帳と一括りに言っても、一種類だけではなく、さまざまな種類がありました。

価格は840円から2000円を超えるものまで。

興福寺南円堂前の納経所

興福寺南円堂前の納経所

画像左端にわずかに写っているのは南円堂の屋根です。

 

 

興福寺オリジナル以外の御朱印帳は、南円堂前の授与所の隣の売店で販売されています。

 

こちらも種類は豊富で、数十種類ありました。

 

価格は750円程度ものから2500円程度のものまでありました。

興福寺南円堂前の売店

興福寺南円堂前の売店

 

東大寺には30種類以上の御朱印があります。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください