長瀞の紅葉2018現在の色づき状況や見頃時期は?ライトアップあり


長瀞町は埼玉県西北部に位置する景勝地であり、都内から車や電車で2時間程度で行く事のできるアクセスの良い場所です。

長瀞という名は、中心部を流れる荒川が、このエリアでは緩やかな流れの「瀞」の状態で約1kmもの長きに渡って続いている事から付けられました。

国指定の名勝・天然記念物「長瀞岩畳」、四季折々に咲き乱れる花など自然豊かな観光地であり、秋には美しい紅葉が人々の心を和ませてくれます。

Sponsored Link

長瀞の紅葉の例年の見ごろはいつ?

秋の長瀞は、紅葉スポットとして賑わいを見せます。

10月下旬から色づきが始まり、11月中旬ごろから見頃を迎えます。

(あくまでも目安です。)

 

2018年現在の紅葉の色づき情報は?

Sponsored Link

紅葉の色づきに関しては長瀞観光情報協会のホームページ上にて、10月には週1度、11月になると週に2度、タイムリーな情報をアナウンスしてくれますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

↓ ↓ ↓

長瀞町観光協会

 

 

現在の紅葉の色づき具合を知るならTwitterやInstagramで一般のユーザーが投稿した画像も参考になります。

 

ただし投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らないので、注意しなければなりません。

(今年の紅葉の画像ではなかったり、投稿の数日前に撮影された画像がアップされている可能性もある)

↓ ↓ ↓

Twitter「長瀞 紅葉」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

Instagram「#長瀞まつり」の検索結果

 

 

 

紅葉を見るための三大スポット

岩畳

荒川に沿って隆起した結晶片岩が文字通り岩の畳のように広がっている長瀞の中心地であり、対岸には秩父赤壁と呼ばれる絶壁や明神の滝があります。

岩畳と紅葉のコントラストを鑑賞するには和舟での川下りがお勧め。

 

「長瀞ラインくだり」「長瀞舟下り」「荒川ライン下り」という3社が提供しているサービスですが、料金としては

 

約3km約20分でのコース

 

  • 大人(中学生以上)1600円
  • 子ども(3歳以上)800円

 

約6km約40分でのコース

 

  • 大人(中学生以上)3000円
  • 子ども(3歳以上)1400円

が各社とも相場となっています。

 

また、ゴムボートを使ってのアクティブなラフティングを楽しむ事も出来ますので、興味がお有りの方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

金石水管橋

秩父鉄道長瀞駅から徒歩10分程度の距離にある橋で、橋の上から川の両側に広がる紅葉を堪能する事ができるスポットです。

 

宝登山

標高497mの宝登山にはロープウェイが設置されており、山麓から山頂までの832mを約5分で結んでいます。

 

運賃は

  • 大人(12歳以上)往復820円
  • 子ども(6歳以上)往復410円

となっており、山頂からは長瀞・秩父の山々を彩る紅葉を眺めることができます。

 

また、10月、11月には山頂での夕焼けを楽しめるように運行時間が延長され、11月中の土日には山頂で雲海を楽しめるよう6時から20分間隔で運行しますので、こちらも是非チェックしてみて下さい。

 

 

夜間は紅葉のライトアップあり

  • 秩父鉄道上長瀞駅から徒歩5分の距離にある「月の石もみじ公園」
  • それに隣接する「埼玉県立自然の博物館(カエデの森)」
  • そして秩父鉄道長瀞駅から徒歩10分の「宝登山神社」

では紅葉のシーズンになるとライトアップが行われます。

 

 

実施時期:11月3日(土)~11月25日(日)

点灯時間:日没から21時

 

ライトアップ開始日には月の石もみじ公園においてライトアップイベントが行われます。

飲食店も出店しますので、温かいものを頂きながら紅葉を観賞する事ができます。

 

 

アクセス方法

電車での行き方

  • 「池袋」から東武東上線で「寄居」まで約80分 ⇒ そこから秩父鉄道に乗り換え、約20分 ⇒ 「長瀞駅」下車
  • 「上野」から高崎線で「熊谷」まで約60分 ⇒ そこから秩父鉄道に乗り換え、約50分 ⇒ 「長瀞駅」下車

 

車での行き方

  • 関越自動車道花園ICより秩父方面へ約17km

 

 

紅葉シーズンの混雑状況について

駐車場は

  • 長瀞駅周辺
  • 宝登山参道周辺
  • 上長瀞駅周辺

にあり、有料の駐車場も点在しています。

 

更に紅葉ピーク時の土日には臨時駐車場も開放されますが、それでも週末は特に駐車場が満車になり、周辺道路も渋滞する傾向にあるため、電車でのアクセスをおすすめします。

 

また、宝登山ロープウェイは例年大変な混雑に見舞われます。

平日に訪問するか、朝の早めの時間帯を狙うなどの対策が必要です。

 

 

いかがだったでしょうか?

長瀞の紅葉は、ロープウェイや川下りなどを利用しつつ観賞できるのが魅力です。

 

長瀞町観光案内所ではレンタサイクルや、2人乗り電気自動車「モビトロ」の貸し出しも行っていますし、

土日を中心として1日1往復限定ではありますが、「SLパレオエクスプレス」が 「秩父鉄道熊谷駅 ~ 三峯口間」 を運行しています。

 

様々な乗り物に乗り、美しい紅葉と接する事のできる長瀞へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください