奈良県・法起寺の御朱印の種類は?受付時間や場所も

法起寺の御朱印のアイキャッチ画像

奈良県の法隆寺の近くにある法起寺(ほうきじ・ほっきじ)でいただける御朱印の種類を画像付きで紹介しています。

御朱印の値段や受付場所なども記載しています。

Sponsored Link

法起寺の御朱印はどこでいただける?

法起寺の門前

法起寺の門前

法起寺の御朱印は、拝観受付でいただけます。

 

門を通って少し進むと、左側に拝観受付があります。

 

法起寺の拝観受付

法起寺の拝観受付

拝観受付を済ませて、御朱印帳を渡してから境内を拝観できます。

 

法起寺の御朱印の種類一覧は?料金はいくら?

Sponsored Link

法起寺の御朱印の種類

  1. 法起寺の本尊の御朱印「十一面観音」
  2. 大和北部八十八ヶ所霊場 第52番札所の御朱印「十一面観音」
  3. 聖徳太子御遺跡霊場 第17番札所の御朱印「法華経講讃岡本宮」

※2018年11月現在の情報です。
 いただける御朱印の種類は、最新の情報と異なる部分があるかもしれません。

 

 

御朱印の料金は各種類300円です。

 

法起寺の本尊の御朱印「十一面観音」

大和北部八十八ヶ所霊場 第52番札所の御朱印「十一面観音」

大和北部八十八ヶ所霊場第52番札所の御朱印「十一面観音」(法起寺)

大和北部八十八ヶ所霊場第52番札所の御朱印「十一面観音」(法起寺)

 

本尊の御朱印と大和北部八十八ヶ所霊場 第52番札所の御朱印の中央の墨書きはどちらも「十一面観音」。

両者は朱色の印が異なります。

 

上の画像は、大和北部八十八ヶ所霊場 第52番札所の御朱印。

 

法起寺の収蔵庫

法起寺の収蔵庫

法起寺の本尊・十一面観音菩薩立像は重要文化財に指定されていて、収蔵庫で拝観できます。

 

収蔵庫の内部に立ち入ることはできず、正面側にある扉のガラスから内部をのぞくようにして拝観します。

十一面観音像の周囲にも、10躯ほどの仏像が安置されています。

 

 

聖徳太子御遺跡霊場 第17番札所の御朱印「法華経講讃岡本宮」

聖徳太子御遺跡霊場 第17番の御朱印「法華経講讃岡本宮」(法起寺)

聖徳太子御遺跡霊場 第17番の御朱印「法華経講讃岡本宮」(法起寺)

 

法起寺にオリジナル御朱印帳はある?

Sponsored Link

見た限り、法起寺のオリジナル御朱印帳はありませんでした。

オリジナルではない御朱印帳も販売されていませんでした。

 

法起寺の御朱印を拝受できる時間は?

お寺の御朱印の受付時間は、拝観受付時間と同じ場合が多いです。

 

法起寺の拝観時間は下記の通り。

法起寺の拝観時間

  • 2月22日~11月3日:午前8時30分~午後5時00分
  • 11月4日~2月21日:午前8時30分~午後4時30分

御朱印の受付時間も上記と同じだと思われます。

 

閉門時間の間際になると、御朱印の受付を早めに終了するお寺もあるので、時間に余裕を持って参拝するのが無難です。

 

 

法起寺の三重塔

法起寺の三重塔

国宝指定されている三重塔も見どころ。

画像左奥の建物は、講堂です。

 

法起寺周辺のお寺の御朱印

法隆寺の御朱印

期間限定の御朱印も画像付きでご紹介。

 

中宮寺の御朱印

飛鳥時代の仏像で国宝指定されている「如意輪観音像」を拝観できる中宮寺の御朱印。

 

法輪寺の御朱印

法隆寺と同様に飛鳥時代の仏像が現存する法輪寺の御朱印。

 

吉田寺の御朱印

大きな阿弥陀如来坐像(丈六の阿弥陀如来像)を祀る吉田寺の御朱印。

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください