白毫寺の九尺藤の見頃とアクセス駐車場は?藤まつり2018の開花情報

丹波・白毫寺の九尺藤のアイキャッチ画像

2018年に兵庫(丹波)の白毫寺を訪問しました(時間帯はライトアップの直前と点灯後)。

白毫寺の藤の開花状況やライトアップ情報、交通アクセスや駐車場についても触れています。

関西の藤、つつじ、牡丹(ボタン)・芍薬(シャクヤク)、薔薇(バラ)の名所情報

↓  ↓  ↓

関西以外の藤の名所

↓  ↓  ↓

兵庫県丹波市・白毫寺にある藤の花の見頃はいつ?

白毫寺の藤の花

白毫寺の藤の花

 白毫寺(びゃくごうじ)では全長120メートルにも及ぶ藤棚のフジを楽しめます。

例年の見ごろは、5月上旬~5月中旬頃。

 

2018年(平成30年)の白毫寺の藤の見頃と現在の情報は? 

Sponsored Link

2018年の藤の見ごろは例年より早く来ています。

 

例年、藤の時期が来たら白毫寺の公式facebook、公式サイトで藤の開花状況が発信されます。

↓ ↓ ↓

白毫寺の公式facebook

白毫寺の公式サイト(花だより 最新開花情報)

 

 

現在の白毫寺の藤の咲き具合を知るならTwitterで一般のユーザーが投稿した画像も参考になります。

 

ただし、投稿されている画像が必ずしも最新のものとは限らない(今年の藤の画像ではない可能性がある、ツイートの数日前に撮影された画像が投稿されている可能性もある)ので、複数のツイートを確認するなど注意しなければなりません。

↓ ↓ ↓

Twitter「白毫寺 藤」の検索結果(画像付きのツイートのみ抜粋)

(藤の花とは無関係のツイートも拾ってしまいますが、参考程度にはなるでしょう。)

 

白毫寺の藤の拝観情報と夜間ライトアップの時間は?

拝観料と拝観時間

白毫寺山門

白毫寺山門

拝観料

  • 個人料金:300円
  • 団体料金:200円

※高校生以下・障がい者などは無料

拝観時間
  • 午前8時00分~午後5時00分 (ライトアップ期間は午後9時00分まで)

 

白毫寺の藤が見ごろになると、ライトアップが実施されます。

ライトアップの期間と時間

藤のライトアップ(白毫寺)

藤のライトアップ(白毫寺)

2018年の白毫寺の藤のライトアップ実施概要

  • 実施期間:4月28日(土)~
  • 点灯時間:日没~午後9時00分

暗くなってくる午後6時30分頃から照明の点灯が開始されます。

空が闇に包まれるのは午後7時00分頃なので、観賞するなら午後7時以降がおすすめです。

 

 

白毫寺の交通アクセス

駐車場の料金や待ち時間は?

白毫寺には無料の駐車場があります。

 

私が見た限りでは第1駐車場から第7駐車場までありました。

(見落としただけで他にもあるかもしれません。

基本的に数字が大きくなるほど白毫寺から遠い場所にあります。)

 

ライトアップ(午後6時30分から開始)がはじまる少し前の午後6時00分頃に到着したのですが、数キロにわたって駐車場に続く道が渋滞していました。

行き(往路)はJR市島駅(いちじまえき)から徒歩で白毫寺までアクセスしましたが、何台の車を追い抜いたのかわからないぐらいです。

それほど駐車場空き待ちの車がいました。

 

白毫寺へつづく車の行列

白毫寺へつづく車の行列

画像の右から左方向へ車の行列ができています。

この画像の行列の続き(列の前方)が次の画像。

白毫寺へつづく車の行列

白毫寺へつづく車の行列

画像左奥の林の間に道があり、そこへ向けて車が続いてます。

画像左奥の道をさらに少し進むと、第七駐車場の近くに着きます。

 

白毫寺の第七駐車場

白毫寺の第七駐車場

白毫寺の第七駐車場。

 

白毫寺の第六駐車場

白毫寺の第六駐車場

さらに進むと第六駐車場。

基本的に「第〇駐車場」の数字が小さな駐車場ほど、白毫寺に近い場所にあります。

 

白毫寺の第五駐車場

白毫寺の第五駐車場

後述する臨時のタクシー乗り場はこの第五駐車場の近くにありました。

 

白毫寺の第三駐車場

白毫寺の第三駐車場

第四駐車場を見落としていたのか、いつの間にか第三駐車場についていました。

ここまで来れば、白毫寺の境内がかなり近いです。

 

白毫寺の第一駐車場

白毫寺の第一駐車場

白毫寺の第一駐車場。

 

白毫寺の第二駐車場

白毫寺の第二駐車場

第一駐車場とほぼ隣接する位置にある第二駐車場。

 

帰り(復路)は午後8時00分頃にタクシーに乗車し、JR市島駅に向かいましたがその時間になってもまだ駐車待ちの長い行列がなくなっていませんでした。

 

ライトアップの終了は午後9時00分なので、長い行列の先頭まで来て白毫寺に着けたとしても、藤を観賞する時間はほぼないのではないかと思われます。

 

待ち時間がどのぐらいなのか、はっきりとわかりませんが、ライトアップのために夜間遅めの時間帯に行っても1時間以上は待つことになりそうです。

 

遅めの時間帯でも混み具合が激しいとなれば、早朝の混雑が一番マシなのでしょうか。

余裕を持って拝観受付開始より前に着くぐらいが良いのかもしれませんね。

 

いずれの時間に行くにせよ、車で行くなら駐車待ちすることを覚悟しておきましょう。

 

タクシーの乗り場や料金は?

JR市島駅前のタクシー(氷上交通)

JR市島駅前のタクシー(氷上交通)

白毫寺から市島駅(いちじまえき)までの区間をタクシーに移動しました。

利用したのは氷上株式会社(電話番号:0795-74-0094)。

 

私は往路は徒歩で白毫寺へ向かいましたが、タクシーを利用するならJR市島駅(いちじまえき)から乗車しましょう。

 

JR市島駅前のタクシー(氷上交通)

JR市島駅前のタクシー(氷上交通)

市島駅は白毫寺の最寄り駅で、駅前のロータリーに(少なくとも藤の時期は)タクシーが待機しています。

画像に写っているのは氷上交通株式会社のタクシー。

 

(ちなみに市島駅から白毫寺までの徒歩の所要時間の目安は約1時間。

徒歩でアクセスしたのはライトアップの時間まで余裕があったからです。)

 

氷上交通に電話をかけると、下記のことを言われました。

  • 白毫寺第五駐車場まで行ってそこでタクシーに乗車すること
  • タクシーが第五駐車場に次々に来ること

なので、特に時間を指定してタクシーを待ったわけではありません。

 

白毫寺の境内は(少なくとも私のスマホのLTEと、持参したポケットWi-Fiだと)電波状況が悪かったです。

帰りの電車の時間を検索してからタクシー会社に電話しましたが、なかなか電車を検索できず、電波状況の良い場所を探すのに苦戦しました(笑)

 

 

白毫寺境内から臨時タクシー乗り場までの徒歩アクセスルート

  • 移動距離の目安:550メートル
  • 所要時間の目安:約6分

地図上の白い丸が白毫寺のお堂、赤いマップピンが第五駐車場付近にある臨時タクシー乗り場の位置です。

 

白毫寺境内から第五駐車場まではけっこう距離があります。

行きの時点で駐車場の場所を確認しておかないと、タクシーの乗車場所を迷うかもしれません。

(普通は行きも帰りもタクシーを利用すると思うので、迷うことはなさそうですが。)

 

白毫寺の第五駐車場

白毫寺の第五駐車場

第五駐車場。

この画像を撮影した場所から左を向いて撮影したのが次の画像。

 

白毫寺の臨時タクシー乗り場

白毫寺の臨時タクシー乗り場

(画像をクリックすると、拡大できます。)

画像左側に写っているのは第六駐車場です。

 

タクシーは画像右側の道の奥の方から手前に向かって来ました。

黄色い枠で囲んだパイロンの向こう側で待機してタクシーを拾いました。

 

タクシーに乗車したのは午後8時00分頃。

他にもタクシー待ちをしている観光客がいました。

この時間帯は、数分おきにタクシーが1台くる状態でした。

 

 

白毫寺第五駐車場~市島駅までの料金・所要時間

  • 料金(運賃):1420円
  • 所要時間  :約10分

 

市島駅には普通電車(各駅停車)しか停車しません。

電車の本数が少ないので、時刻表をよく確認したうえでタクシーを利用しましょう。

 

 

ここからは、白毫寺の境内と藤の画像を掲載します。

手ブレのひどい画像もありますが、ないよりはある方が現地の様子を伝えやすいと思うので載せています。

白毫寺境内と藤の画像

白毫寺本堂

白毫寺本堂

白毫寺の本尊・薬師如来を祀る本堂。

中には立ち入れませんでした。

 

白毫寺の御朱印受付場所

白毫寺の御朱印受付場所

御朱印をいただける場所です。

おみくじやお守りもここで販売されています。

 

喫煙所(白毫寺)

喫煙所(白毫寺)

御朱印受付場所の隣には喫煙所があります。

 

孔雀(白毫寺)

孔雀(白毫寺)

近くの檻の中に孔雀がいます。

 

太鼓橋(白毫寺)

太鼓橋(白毫寺)

急な角度の太鼓橋もあります。

 

太鼓橋(白毫寺)

太鼓橋(白毫寺)

 

Sponsored Link

いよいよ藤の画像。

白毫寺は犬連れで藤を観賞できる

白毫寺は犬連れで藤を観賞できる

藤棚を正面から見た様子。

白毫寺は犬を連れて立ち入ることができます。

画像の中央下にも犬が写っています。

 

御朱印受付場所の建物の横で、少なくとも3匹の犬(パピヨン?)が飼われていました。

近づいたらほえられましたが(汗)

犬連れがOKなのは、白毫寺の人が犬好きだからというのもあるかもしれませんね。

 

画像上部の高いところにも藤棚があり、そこに登ることもできます。

 

藤棚(白毫寺)

藤棚(白毫寺)

高い場所にある藤棚。

下の藤棚に比べると、量は少ないですが、藤のトンネルになっていて進めます。

 

白毫寺の藤棚全景

白毫寺の藤棚全景

この高い場所から見下ろした藤棚の様子。

藤棚は全長120メートルもあるので、規模が大きいです。

 

シャクナゲ(白毫寺)

シャクナゲ(白毫寺)

さらに高い場所ではシャクナゲを観賞できます。

 

出店(白毫寺)

出店(白毫寺)

藤棚の前の広場では出店があり、食べ物を購入できます。

 

藤棚の前の広場(白毫寺)

藤棚の前の広場(白毫寺)

画像左に写っているように飲食用のテーブルと椅子も用意されています。

 

藤棚の下(白毫寺)

藤棚の下(白毫寺)

藤棚の下です。

立ち上がると目線の高さで藤を楽しめます。

 

藤棚の下(白毫寺)

藤棚の下(白毫寺)

座って休憩したり写真撮影する人がたくさんいました。

 

藤棚の下から見る出店(白毫寺)

藤棚の下から見る出店(白毫寺)

藤棚の下から見える光景。

 

真下から見上げる藤(白毫寺)

真下から見上げる藤(白毫寺)

下から見上げた様子。

 

藤の花(白毫寺)

藤の花(白毫寺)

ライトアップ直前の藤。

 

藤のライトアップ(白毫寺)

藤の花のライトアップ(白毫寺)

ほぼ同じ場所のライトアップの様子。

 

藤棚の全景(白毫寺ライトアップ)

藤棚の全景(白毫寺ライトアップ)

高いところから見下ろした藤棚の全景。

ライトアップの時間帯のこの場所は暗いです。

 

夜の白毫寺

夜の白毫寺

ライトアップの時間帯も拝観者はけっこういます。

 

藤棚とベンチ(白毫寺)

藤棚とベンチ(白毫寺)

藤棚の下にベンチがある場所もあります。

ここも立ち上がると目線の高さで藤を楽しめます。

 

藤のライトアップ(白毫寺)

藤のライトアップ(白毫寺)

藤のライトアップ(白毫寺の藤)

藤のライトアップ(白毫寺の藤)

藤のボリュームがすごいです。

 

藤のライトアップ(白毫寺の藤)

藤のライトアップ(白毫寺の藤)

ツツジ(白毫寺)

ツツジ(白毫寺)

ツツジ。

 

牡丹(白毫寺)

牡丹(白毫寺)

牡丹。

 

シャクナゲ(白毫寺)

シャクナゲ(白毫寺)

シャクナゲ。

シャクナゲ(白毫寺)

シャクナゲ(白毫寺)

白毫寺では藤以外の花も楽しめます。

 

白毫寺の観光所要時間の目安はどのくらい?

藤の花の季節の白毫寺の所要時間の目安は1時間。

私はライトアップの前と後のどちらも楽しみたかったので2時間ぐらいいました。

 

 

白毫寺から比較的近いエリアにある白井大町藤公園の藤もおすすめです!

↓ ↓ ↓

 

関西の藤、つつじ、牡丹(ボタン)・芍薬(シャクヤク)、薔薇(バラ)の名所情報

↓  ↓  ↓

関西以外の藤の名所

↓  ↓  ↓

 

Sponsored Link


4 件のコメント

  • 初めまして、こんばんは。
    とても参考になりました。有難うございます。
    明日車で行こうと思っていましたが、悩みますね。
    駅前のパーキングに停めてタクシーで行く方が無難かもですね・・・

    • かおりん様

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      私が行った時がたまたま混んでいたのかもしれませんし、午前中の混雑状況はよくわかりませんが、タクシーを利用する方が無難だと思います。

      • こんにちは。
        1日、行ってきました。
        18時頃にどれぐらい並んでいるか行ってみましたが、お写真以上の列だったので駅横のパーキングに停めてタクシーを利用しました。
        藤は上の方が茶色くなりかけていましたが、見ごたえありました。
        帰り、19時半頃には駐車場の渋滞は無く第一、第二駐車場まで上がって来られる車を見かけました。暦では平日なのでその効果かもしれません。
        ただ、駐車場待ちはGW前半最高で近くの高速出口付近までだったそうなので、そうなると3~4時間待ちだとか・・・(タクシー運転手さんのお話)
        写真も追加して下さって、往く前に確認させて貰いとても助かりました。
        有難うございます。

        • かおりん様

          こんばんは。
          1日に藤のライトアップにお出かけされたのですね。
          今年は開花がかなり早かったですが、見ごろが過ぎていたわけではなさそうで良かったです。

          ゴールデンウィーク前半の渋滞のピーク時に3~4時間も待ち時間が生じているとは思いませんでした。
          車でアクセスする場合も駅前からタクシーを利用する方が良いですね。

          お役に立てたのであれば幸いです。
          渋滞の詳細なご報告ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください