比叡山1dayチケットの販売場所は少ない!延暦寺に行くなら購入推奨


比叡山延暦寺の観光客向けのお得なきっぷは複数ありますが、そのなかに「比叡山1dayチケット」というものがあります。

このチケットを使ったら、使わない場合と比べてどのくらい安くなるのかを紹介しています。

Sponsored Link

この記事は、下記の記事を読んだ前提で書いています。

↓ ↓ ↓

比叡山1day(ワンデイ)チケットの発売場所はどこ?

比叡山1dayチケットが販売されている場所は、関西ツーリストインフォメーションセンター京都(KTIC京都)京都タワー3階。

京阪電車各駅では発売されていないのでご注意ください。

 

チケットの料金や販売期間は?

比叡山1dayチケットの料金は

  • 大人:2,500円
  • 小児:1,250円

 

販売されている期間は、例年3月の春分の日頃~12月第1週目の日曜日まで。

発売期間中の任意の1日間使用できます。

 

京都駅の近くにある京都タワーで購入する必要があるわけですが、ここでは大阪市内にある淀屋橋駅から出発する場合の交通費を計算しています。

当たり前ですが、事前に購入していないと淀屋橋駅から使用できないのでお気つけください。

 

チケットの有効区間内では乗り降り自由

Sponsored Link

チケットの有効区間は以下の通り。

  • 京阪電車: 京阪線全線(大津線、男山ケーブルは除く)
  • 叡山電車: 出町柳駅〜八瀬比叡山口駅
  • 叡山ケーブル: ケーブル八瀬駅〜ケーブル比叡駅
  • 叡山ロープウェイ: ロープ比叡駅〜比叡山頂駅
  • 比叡山内シャトルバス: 比叡山頂〜東塔〜横川、ロテル・ド・比叡

 

有効区間内は乗り降り自由なので、ほかの観光スポット巡りもできます。

 

比叡山延暦寺の拝観料の割引はなし

比叡山1dayチケットには、東塔・西塔・横川や国宝殿の拝観料は含まれていません。

比叡山延暦寺の拝観料は別途支払う必要があります。

 

 

利用するといくらお得になる?

比叡山1dayチケットを利用すると

  • 淀屋橋駅から比叡山延暦寺までの往復(途中下車しても無効にならない)
  • 比叡山内のシャトルバスの利用(何度でも乗車可能)

ができるということです。

 

上記区間を普通に移動した場合(シャトルバスは比叡山内1日フリー乗車券を利用)の合計は4,160円。

比叡山1day(ワンデイ)チケットは、大人2,500円なので、利用すると1,660円お得になります!

 

拝観料の割引はないので、国宝殿を拝観する場合もしない場合もお得になる金額は変わりません。

 

※この記事では2018年10月現在の情報を掲載しており、最新情報を反映できているとは限りません

最新の情報は京阪電鉄の公式サイトでご確認ください

↓ ↓ ↓

https://www.keihan.co.jp/traffic/valueticket/ticket/hiei1day/

 

ほかの比叡山延暦寺のお得なきっぷ(割引券)を使うとどのくらい安くなる?

「比叡山1dayチケット」より有効区間が広いのが「世界遺産 比叡山延暦寺巡拝チケット」です。

お得になる金額はこちらの記事で紹介しています。

↓ ↓ ↓

 

ほかにも「比叡山延暦寺入山きっぷ」というものがあります。

お得になる金額はこちらの記事で紹介しています。

↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください